新潟県民が示した民意は明快だった。原発はいらない。なし崩しに再稼働するなんて認めない。全国の原発再稼働に前のめりな安倍首相は顔をしかめているに違いない。地方の反乱はどれほどのダメージを与えるだろうか。

当選を決めて万歳する米山氏(中央)。民意は原発再稼働を拒んだ=16日夜、新潟市内

保守王国といわれる新潟で自民党がボロ負け

「これほど争点のはっきりした知事選は珍しかった。原発再稼働か停止か。結果は6万票の差をつけて反原発が圧勝しました。保守王国といわれる新潟は田中角栄元首相(自民党)の地盤でもありました。自民党はその地でボロ負けしたんです」

 16日に投開票された新潟県知事選を振り返って、ジャーナリストの大谷昭宏氏はそう話した。

 約53万票を集めて初当選を決めたのは、内科医で弁護士の米山隆一氏(49)=共産、社民、自由推薦。自民・公明が推薦した前長岡市長・森民夫氏(67)の得票は約47万票にとどまり、自民党にとっては1955年の結党以降、初めて党が推薦・支持しなかった候補の新潟県知事当選を許した。

 安倍首相は選挙結果を受けて、「与党が支援した候補が敗れたことは大変残念。新潟県民が米山候補を選択したことは真摯に受け止めたい」と冷静沈着に述べた。

 実際のところは……。

「自民党は相当ショックを受けています。党本部は新潟選出の国会議員に対して“選挙戦の動きが悪かった”などと怒り狂ったらしい」(前出の大谷氏)

 米山氏は当選後、県が抱える東京電力柏崎刈羽原発について、「選挙戦で訴えてきたとおり、県民の命や暮らしが守れない現状では再稼働は認められない」と話した。