日本人の“若さ信仰”は根深い。ちょっと老いが顔に出ようものなら「劣化した」とささやかれ、若見えの女優やタレントは「奇跡の○歳!」と称えられる。そのくせ、若くあろうと努力をすれば、「美魔女とか、イタイよね〜!」と手キビシイ……。われわれ中年世代のエイジング、一体ど〜したらいいの!?

 そこで、「こんな大人の女性になりたい」と誰もが憧れる永遠のファッション・アイコン、野宮真貴さんに、そのエレガントな雰囲気と美貌の秘訣を聞いた!

年を重ねなければ似合わないものもある

野宮真貴さん 撮影/竹内摩耶

「赤い口紅はエイジングケアできるアイテム」

 と語るのは国内外にファンをもつ伝説のバンド『ピチカート・ファイヴ』の元ボーカルで、音楽からファッションまで注目を集める野宮真貴さん(56)。

「もとはピンクリップが好きだった私ですが、40代になったころから赤に移行していきました。ダイヤの指輪などもそうですが、若いころは似合わなかったものや色が、年を重ねて変化した髪や肌の質感によって、逆に似合うようになったのだと思います」

 実は赤は万能色で、何色ともよく合う。つけるだけで背すじがすっと伸び、仕草もエレガントになる効果があるとか。

年を重ねると、フェイスライン、目元・口元の印象など、さまざまな部分があいまいになります。だからこそ、赤を使ってはっきりした部分をつくることがポイント。実際、赤い口紅は顔色がパッと明るく華やぎますし、口角が上がってリフトアップして見えます

 とはいえ、“え! 真っ赤な口紅!?”とたじろぐアラフィフ世代もいるはず。

「赤といっても今はさまざまな赤があります。自分の肌や髪の色、雰囲気に合ったものを選べば大丈夫」

 それでも不安という人は美容師や化粧品会社のプロを頼るのもひとつの方法。

「意外かもしれませんが、私には小さいころから外見に多くのコンプレックスがありました。私がファッション・アイコンと呼ばれるようになったのは、仕事柄、周囲に一流のスタッフがいたことが大きな要因。ヘアメイク、スタイリスト、カメラマン、アートディレクターなど私を輝かせるために多くのプロが私をプロデュースしてくれたのです。

 プロデュースしてもらうというと一部の有名人の特権と思われがちですが、けっしてそうではありません。美容師、行きつけのブティックの店員、皮膚科医、エステティシャンなどのプロに意見を聞き、上手に取り入れること。これも立派なプロデュースといえると思います