バナナマン・設楽統さんと森山良子さん。カメラを向けると、お互いすぐにこの笑顔。息もピッタリでした! 撮影/近藤陽介
隔週で日々の出来事を『週刊女性』に綴ってくれている森山良子さん。今回は特別編ということで、以前から大ファンだというバナナマンの設楽統さんとの対談が実現しました! 普段から森山家と親交があるという設楽さんだけに、序盤から和やかな雰囲気で始まった対談は終始、笑いの渦に包まれて――。

森山家の全員と1対1でご飯に行ける

設楽 良子さん、今日はよろしくお願いします。対談相手が僕なんかでいいんですか?

森山 もちろんですよ! いつもの連載では、私が1人でたわいもないことばっかりしゃべってるんですけどね。そこで、私が「バナナマン大好き!」って熱弁していたら、「対談しませんか?」という話になって。お受けいただいてありがとうございます。

設楽 こちらこそですよ。でも、なんかヘンな感じですね。

森山 そうね。設楽さんと話すのは、だいたいウチで飲んでるときですもんね。

設楽 面白いことに、僕は森山家の全員と1対1でご飯に行けるんですよ。直太朗くんと小木(博明)さんがいなくても、奈歩ちゃん(森山の長女で小木の妻)と連絡とってご飯に行くときもあるし。

森山 もともと娘がバナナマンの大ファンで、いつも家でビデオを見せられてたの。『亀の恩返し』とかね。それがもう、本当におかしくてチャーミングで。1日に10回や20回は繰り返し見て、同じところで「ア〜ハッハッ!」って笑うんですよ。

設楽 “鶴の恩返しがあるんだったら亀の恩返しがあってもいいんじゃないか”っていうので、相方の日村(勇紀)を全身、緑色にして「助けてもらった亀です」って来るという話で。

森山 ハハハハッ。そうそう。

設楽 僕らは結成して今、22年〜23年ですけど、それなんて2年目、3年目くらいの初期の初期のネタですね。今も、毎回ライブに来ていただいて。

森山 そうね。バナナマンは1回も私のコンサートには来てくれてないけど(笑)。

設楽 それは、いつか機会があったら行かせていただきたいんですけどね(笑)。

森山 若いころから長いこと見てると、成長の記録みたいなものがあるんですよ……。

設楽 何か変わってますかね。

森山 面白さに磨きがかかって吹っ切れた感じ。そういう成長を毎回見られるのがうれしいし、バナナマンのライブを見た翌日はすごく元気になって、自分のライブでも面白いことが言えちゃうの(笑)。それで、私のコンサートを見てくださった方もこんな気持ちなのかなと思って。表現の仕方は違うけれど、舞台上の生を見るということでは音楽とお笑いって同じところにあるんだなって。

設楽 ホントですか。僕らも15年〜16年やってるネタで、『赤えんぴつ』っていうフォークデュオがあるんですが、良子さんのような日本のトップシンガーが、毎回、ライブで僕たちのバカみたいなオリジナルの歌を聴いて、どんな気持ちでいるのかな? と思ってたんですよね。