運動嫌いを自認する作家の角田光代さん。『なんでわざわざ中年体育』(角田光代=著 1400円 文藝春秋)では、そんな角田さんが、退屈や怠け心と闘いながらフルマラソンを走ったり、嫌だ嫌だと思いつつ山登りに挑戦したりします。そもそも、運動を始めたきっかけは何だったのでしょうか。

『なんでわざわざ中年体育』(文藝春秋)を上梓した角田光代さん 撮影/竹内摩耶

「失恋です。付き合ってもなかったんですけどフラレて。付き合ってもなかったわりに落ち込んでしまって。やっぱりそれは30代になっても失恋してるというショックだと思うんですけど、ちょっと生活が滞ったんですよ。食器を洗わないとか電球が切れても取り替えないとか。

 そのときにこれではまずいから、これから生きていくにあたって、もっと失恋に耐えうる強い心にしないと、この先自分は生きていけないと思って。強い心には強い肉体が必要だな、と身体を鍛えるためにジムを探したんです。自宅から歩いて行ける距離のジムでないと続かないと思ったので、いちばん近くにあるジムを探したら、ちょうどボクシングジムだったんですよ。それで始めたのがきっかけです」

 角田さんがボクシングを始めたのは、33歳のとき。それまで運動と疎遠だった人にとっては大決断です。

「33、34歳のときにアイデンティティーの崩壊がありました。自分がもう若くない。オバサンになって、“まだ若い”っていう言い訳がきかなくなる。それと同時に今まで着ていた服がみんな似合わなくなるという……。洋服を買うお店も変えなきゃいけない。小説も今までの書き方じゃよくない。そういう葛藤がありました。もう若いことを言い訳にできないって焦りが全部、一気にきたので本当につらい時期でした。

 自分の中でボクシングを始めた理由は失恋になっているんですけど、もっと長いスパンで見ると、年齢的なクライシスを無意識に乗り越えようとしていたのかもしれません。今まで全くやったことのないようなことに挑戦して土台を作り直そうという気持ちはあったのかなと思います

 中年期の危機と失恋を乗り越えるため、そして作家としての創作の壁も打ち破るため、ボクシンググローブをはめた角田さん。心は強くなりましたか?

「心は……強くならなかったんです。失恋から立ち直らせてくれるのは、次の恋しかない。それは教訓ですね。ただ、自意識の克服はできました。33歳で始めてみたけど下手で、動きがおかしいんですよ。みんなそれを見て笑ってるんじゃないか、って気持ちを振り切るのに半年ぐらいかかって。振り切れたあとは、マイペースで頑張ればいいって思えるようになりました」