“巨匠”堺正章がプロデュースする焼肉店

 SMAPが静かに解散した昨年12月31日、中居正広に稲垣吾郎、草なぎ剛に香取慎吾、そして'96年に脱退したオートレーサーの森且行が極秘に集結した。その会場となったのが、東京・六本木にある『炭火焼肉An』だ。

 けっして安価ではない高級焼き肉店だが、“スマロス”状態にあるファンの気持ちは熱い。“最後の晩餐”を求めて足を運んでいるという。

たしかに予約、ご来店も含めて女性のお客様は増えました。ですが(SMAPは)プライベートでいらしたことなので、どの個室を利用したのか、どのメニューを頼まれたのかを聞かれましてもお答えはしていません」(店員)

 それでも同じ空気を共有することに意義があるのだろう。焼き肉店からほど近い距離にある乃木神社にも、年末年始は多くのファンが駆けつけた。過去に、草なぎと香取が参拝に来たことで知られている。

'14年元旦に香取と草なぎも参拝に訪れた乃木神社

「例年よりも参拝客は多いな、という印象はありましたが、(SMAPファンかは)どうでしょうか……」

 と神社関係者は言うが、奉納された絵馬は再結成を願う声であふれていた。

 '91年9月9日のCDデビュー前日、『西武園ゆうえんち 波のプール』には1万5000人のファンが押し寄せた。「団結力はどこにも負けない!」と叫んだ中居ら6人による、“伝説のデビューイベント”だった。

 そして昨年9月9日、

当園の各従業員から“ファンのお客さまがたくさんいらしています”との報告を受けまして、話し合った結果、曲をかけることにしました

 と話すのは広報担当者。デビュー日に合わせて多くのファンが来場していた園内のBGMを、『Smap Vest』に差し替える粋な計らいがとられたのだ。今後、SMAP関連のイベントについても、

ジャニーズ事務所さんからご相談があれば、もちろん検討させていただきます」(前出・広報担当者)