菅田将暉

 真っ赤な衣装に身を包んで全力疾走し、髪を振り乱してギターをかき鳴らす─。熱唱するのは俳優の菅田将暉だ。

「6月7日にCD『見たこともない景色』が発売されます。彼は映画『キセキ-あの日のソビト-』でGReeeeNを演じたときに4人組のグリーンボーイズとしてCDを出していて、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では生歌を披露。本物に負けない歌唱力が話題になりました。今度はソロデビューですから、ミュージシャンとしての活動にも期待が高まっています」(テレビ誌ライター)

 au『三太郎シリーズ』の“鬼ちゃん”で有名な菅田がサッカー日本代表応援ソングである『見たこともない景色』をCMで披露し、大きな話題を呼んでいる。

「菅田さんは若手俳優の中で演技力ではナンバーワンと言われています。女装男子からサイバーテロリストまでどんな役でも演じ、作品ごとに別の顔を見せることから“カメレオン俳優”とも呼ばれていますよ」(テレビ局関係者)

 いよいよ俳優の枠を飛び出して、音楽でも才能を発揮しようとしている。しかし、最初から華々しい活躍を見せていたわけではない。

“2番手”だった菅田を変えた映画監督との出会い

「'08年に『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』のファイナリストになったんですが、結局、無冠に終わりました。その年は例年より個人賞が多く、ファイナリスト12人のうち9人は何らかの賞をとったのに、菅田さんは残りの3人のほうでした。悔しかったでしょうね」(芸能プロ関係者)

 翌年に『仮面ライダーW』(テレ朝系)でシリーズ最年少主演を果たすが、W主演でどちらかというと2番手。

「イケメンとして人気爆発ということはありませんでしたね。彼はテレビドラマにも出演しましたが、評価を高めたのは映画での存在感です。'13年には青山真治監督の『共喰い』で暴力的な血を引く高校生を演じ、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました」(映画ライター)

 この映画で、菅田は「一生この世界で生きていきたい」と感じたという。

「監督からは指の動きひとつにいたるまで、“ミリ単位”の演技指導を受けたそうです。菅田さんは記憶がなくなるほど集中して、監督に食らいついていました」(映画配給会社関係者)

 青山監督との出会いが彼の役者人生を変えた。