'10年4月、團子こと政明の私立小学校入学式にそろって出席した香川と元妻

 4月8日、都内の有名私立中学校の入学式が執り行われた。少年から青年へと成長していく重要な時期、それは歌舞伎役者でも変わらない。この日、新中学生になったのは市川染五郎の長男、松本金太郎だ。祖父に松本幸四郎を持つ、高麗屋の跡取りでもある。

 来年1月に金太郎は八代目染五郎襲名を予定、同時に染五郎が十代目幸四郎、幸四郎が二代目白鸚を襲名する。

生まれながらに宿命を背負っているからでしょうか、金太郎はどこか大人びていてクールな印象。同じ中学校には、親友で1学年上の市川團子が在籍していますが、彼はお調子者でよくしゃべる正反対の性格です。年相応にまだまだ子どもっぽいところがありますね」(演劇雑誌編集者)

 ともに子役として場数を踏み、歌舞伎界の将来を担う人材として期待される金太郎と團子。お互いに切磋琢磨してきた戦友だ。

「稽古と並行させるために、2人とも小学校から美術部に入っているそう。でも、金太郎が歌舞伎や歴史に関連する絵を描く一方で、團子はアニメや漫画の絵ばかり描いているみたいですね。市川猿之助も歌舞伎で『ワンピース』を手がけましたし、“お家柄”でしょうか」(前出・演劇雑誌編集者)

 祖父の幸四郎から座頭としての英才教育を施されて、4歳にして初舞台に立った金太郎に対し、父である香川照之の“私怨”により8歳で突然の梨園入りした團子。まだまだ“跡取り”の自覚は芽生えていないのかもしれない─。

両親の訣別で犠牲になるのは子ども

 昨年12月に21年間連れ添った元CAのAさんと離婚した香川。團子の歌舞伎界入りが一因となったともいわれている。そして香川は、長きにわたる確執に悩まされた父・猿翁と同じ道を歩んでしまった。両親の訣別で犠牲になるのは子どもだ。

強引に息子を歌舞伎界に入れておきながら、しかも“市川猿之助”を襲名させようとしていたのです。それでいて今度は離婚ですよ。振り回された團子があまりにかわいそうです。香川さんの身勝手な行動に周囲からの批判は強くなり、梨園で孤立する一方だとか」(芸能レポーター)

 歌舞伎研究家の喜熨斗勝氏も、離婚による香川への非難は「ありうること」として、團子を心配する。