皇族、首相、国賓などのトップVIP担当CAとして100回以上の特別機フライトを経験してきた里岡さん。ANAを代表するスーパーCAとして活躍していたある日突然、病魔に襲われる……そこから見えてきた「今を生きる」ことの大切さと本当の気遣いとは──。

 ある日、都内のホテルで行われた女性向けの講演会。里岡美津奈さんは、会場を見回しながらにっこりと微笑み、来場者にこう語りかけた。

「理想の自分になりたい。そんな人ほど、自分磨きはほどほどに。なぜなら、自分磨きという矢をいくら磨いても、誰も “あなたは、もう磨かれましたよ” と教えてくれませんから。矢を磨いているうちに、どんどん年を重ねてしまいます」

里岡美津奈さん 撮影/渡邉智裕

 50代になり、ますます輝きを増す里岡さんに憧れる若い女性は多い。その中には、今の自分に何かしらの不満を抱き、ああなりたい、こうなりたいと理想を掲げ、それに向かって一生懸命に頑張る人は少なくない。そんな彼女たちに、「自分磨きはほどほどに」のひと言はドキッとするはずだ。里岡さんの真意は、こうだ。

「理想の人に会いたい。理想の仕事に就きたい。だから、理想の私にならなければと思うのかもしれませんが、 “いつかの私” を追い求めている限り、その日はやって来ません。いつかの私は、今の私を否定しやすい。でも、ほんとうは、今の私のままでいいのです。今の私のまま、目の前のできることに真摯に取り組む。その積み重ねが、結果として理想の私に近づくことになると思うのです」

 講演会のテーマは、「一流の女性になるために」「運を引き寄せる習慣」などさまざまだ。女性が自分らしく生きるために心に留めたい姿勢について依頼を受ける機会が増えているが、そのベースになっているのは、相手に対する態度、言葉遣い、おもてなしなどの「接遇」だ。

 実は、里岡さんは独立前は、約25年間、ANAのCA(キャビンアテンダント)だった。しかも、そのうち15年間は「トップVIP担当客室乗務員」として、皇室をはじめ、首相、海外の国賓の方々など、VIPクラスの特別フライトを100回以上も担当した、いわば “スーパーCA” 。CA時代から、「平常心」をモットーに、日々、できることをコツコツと積み重ねてきた。その経験をコンサルティングに、コーチングに、講演会にフルに生かしている。

 里岡さんの人生を語るうえで、「今この瞬間を、全力で生きる。ただし、平常心で」というのは、はずせないキーワードだ。「人との素晴らしい出会いに恵まれ、その連続で今の私がある」と語る彼女の半生をたどっていこう。