舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第8回は、久保田秀敏さんが和合真一さんを指名! 『週刊女性』本誌(2017年5月2日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

写真左から久保田秀敏、和合真一 撮影/伊藤和幸

秀は、犬のほうにばっかり愛情が偏りそうで心配

――自分が女性だったら、久保田さんみたいな男性はいいと思います?

和合 ちょっと面倒くさい(笑)。

久保田 俺自身が面倒くさいもん。女だったら絶対に嫌だ。こんな面倒くさい人間とは付き合わない(笑)。

――(笑)もし女性だったら、久保田さんは和合さんみたいな人と付き合いたい?

久保田 付き合ってはみたいと思います。続かないだろうとは思いますけど(笑)。

和合 興味本位で付き合う?

久保田 うん。そう(笑)。

和合 秀のなにが嫌かっていわれると、ちょっと面倒くさがりというか。なあな
あで過ごしそうな感じ?(笑)

久保田 そうね~、うん。

和合 あとは犬が大好きすぎて、犬のほうにばっかり愛情がいっちゃうんじゃな
いかっていうのが心配ですね。

久保田 動物は大好きだからね~。

和合 なんか、愛情の偏り方がすごいハンパなさそうだから嫌(笑)。

――二人が親しくなったきっかけは?

和合 舞台『私のホストちゃん REBORN』が始まったときに、また一緒だねってなったところから始まったと思うんですけど。

久保田 『若様組まいる』のときは、役も絡まなかったし、あんまり接点なかったもんね。

和合 うん。『ホストちゃん』で一緒になって、飲みに行く機会も多くなって。

久保田 そうだね。

和合 一緒にいて楽っていうか、やっぱり感覚が近しいというか。僕は、年下が相手だと、キャラクターをかぶって結構しゃべっちゃうほうなので。距離を置かれたくなくて、親しみやすい感じで接しちゃうんですよね。和合ちゃんキャラクターで接することが多いから。でもクボヒデといるときは、和合ちゃんキャラみたいな居方(いかた)しないしね。

久保田 うん。

和合 同い年の友達という感じでいられる。最初、秀はピシっとした感じの人かと思ったら、ほわっとした人っていうか。なんか結構ゆるい感じで接してくる人だってわかって。あとは、お互い社会人経験を経てから役者になっているから、そういった面でも親しみを覚えるようになりましたね。

ぶっ飛んでる部分がありすぎて、和合は宇宙人(笑)

――久保田さんから見て和合さんはどういう人?

久保田 宇宙人。いろいろぶっ飛んでる部分がありすぎて、こういう人は周りになかなかいないから(笑)。

和合 それ、いろんな人に言われる。

――1年くらい付き合っても謎は多いですか?

久保田 アハハハハ、もう解明できないですよね。

和合 よく「生まれて初めて会った人種」って言われる(笑)。

久保田 でも一緒にいて面白いですよ。盛り上げ上手ですからね。ほんとに人を楽しませることが好きなんだろうなっていうのは思います。

写真左から久保田秀敏、和合真一 撮影/伊藤和幸

――和合さんから見て、普段の久保田さんはどんな人ですか?

和合 普段は人間味がある感じ。『ホストちゃん』の舞台って、アドリブがあって結構人間性が隠しきれない部分が出ちゃってたと思うんですけど。お客さんを口説くところでガツンといけなかったりとか、そういう完璧そうに見えてちょっと不器用な部分が、ああ人間味があってかわいいなって。だから、プライベートだとそうとうモテるんだろうなって、思いますよ。

久保田 アハハハハ、ありがとうございます!

和合 俺は宇宙人って言われたけど、秀をめっちゃ褒めてるよ(笑)。

久保田 アハハハハ。いや別にけなしてるわけじゃないから(笑)。

和合 だいたい今、10対2ぐらいで俺のほうが褒めてる(笑)。あと、プライベートのときにイケメンを隠してるんですよ。

久保田 隠してるってなんだよ(笑)。

和合 居酒屋でみんなで飲んでたときに、酔っぱらって「この中で誰がイケメンか決めようよ!」みたいな感じで、店員さんに「誰が一番イケメンですか?」って、ふざけてランキング付けしてくださいって頼んだんですよ。

久保田 ああ~、あったね~。

和合 そしたら、秀が普通に最下位みたいになって。僕達からしたら秀が圧倒的1位だと思ってたんで「何で?」って。こんなことあるんだって感じでみんな喜んでたんですよ。もう牙城をくずしたみたいな感じで(笑)。

久保田 アハハハハ!