横森理香さん 撮影/竹内摩耶

暗~く重~い響きの“更年期”を明るく!

 40歳前後になると頻繁に耳にする「更年期」という言葉。この言葉に恐怖を抱いている女性って多いはず。そんな「更年期」のネガティブなイメージを払拭(ふっしょく)してくれる本が、横森理香さんの新著『コーネンキなんてこわくない』だ。

 いしかわじゅんさんのキュートなイラストに、ピンクの帯。ついつい手に取りたくなるポップなデザインは、さながら恋愛小説本のよう!

 そんな本書はオンラインメディア『Our Age』での連載記事からの抜粋を加筆・修正し、さらに書き下ろしで構成したもの。

「更年期を乗り越えるためにいろいろな挑戦をするっていうチャレンジエッセイなんだけど、何がよかったって、結果、すごく体力がついたの。1年半前にこの連載の打ち合わせをしていたころは結構どっしり疲れていたんだけど、ありとあらゆるアンチエイジングものを体験していたら、だんだん疲れにくくなって体調もすごくよくなってきましたね

 そう話す横森さんはハツラツとして元気そのもの。若々しく、とても50歳を過ぎた女性には見えない。しかし実際には、更年期の諸症状にそうとう悩まされていたそう。

もともと大きい子宮筋腫持ちで月経過多や過長月経はあったんだけど、ひどい肩こりや指先のしびれ、ホットフラッシュとかいろんな不調が出てきたの。そのうちに身体だけじゃなくて、落ち込みやすくなるなど精神的にもダメージが出てきたりして。女性ホルモンのハーブを飲みつつ、鍼灸(しんきゅう)・整体院通い(笑)。そんなときに声をかけられて始まったのが、この連載企画でした」

 さまざまなチャレンジの中でも特に気になるのが、フランスのアンチエイジングの権威・ショーシャ先生が生み出した若返り法。お値段は約20万円ほどと庶民には少し手を出しづらいお値段なのだが、実際の効果のほどは?

「『Dr.ショーシャ式 アンチエイジング』を日本で受けることができる和田秀樹先生のクリニックに伺ったんです。そこでは身体の酸化防止のための120種類の食品アレルギー検査をしたの。それまでにもアレルギー検査って受けたことがあったんだけど、せいぜい10数種類とかでしょ。120ってスゴイよね。あと、神経伝達物質の検査も一緒にして、その結果をもとにサプリの処方や生活・食事指導が行われるんです。この検査はフルで受けると高いけど、この秋ごろにもう少し簡易的な検査が3万円くらいで手軽に受けられるコースができるみたいですよ」

 検査の結果、卵白と小麦に亜急性のアレルギー反応が出ていたとか。亜急性のアレルギー食品は、身体の中で軽度の炎症を起こし老化を促進してしまうので、アンチエイジングと健康管理の両面から食べないほうがいいものだ。

私、パンが大好きだし、パスタやケーキもダメなんて! 食べられないと思うとよけい食べたい! って最初はつらかったんだけど、 最近は美味しい米粉のパンもあるし、グルテンフリー生活も慣れれば苦じゃないんですよ。最初の数か月は完全に抜くんだけど、それからは私の場合4日に1回とかは食べていいし。そうするとね、たまのパンやケーキがすごく美味しく感じるの。始める前より体調はいいし、太りにくくなった気がする」