初心者に向いているのは面積あたりの賃料単価が高い1Kやワンルームマンション。詳しくは本文で解説します

住まいに関する女性の強みを生かす

 今、人気が高まる不動産投資。株や投資信託、FXなどさまざまな投資先がある中で、不動産投資にはどんな利点があるのでしょうか。

「まず、不動産投資だけは融資を使うことができるんです。融資を受けられる与信を実物資産に変えられる唯一の方法が不動産投資なんですね。また、変動する経済状況の中、不動産を所有することはインフレ対策にもなります」(ファイナンシャルプランナー・風呂内亜矢さん)

 とはいっても、不動産投資なんて、なんだか難しそう。

「確かに、まったくの投資初心者にとってはハードルが高いかもしれません。ただ、一般的に女性はお金に対してシビアですから、負け物件をつかみにくいという傾向はあると思います。不動産に対して主婦ならではの知識や感覚を生かせる利点もありますね」(風呂内さん)

 実は風呂内さん、26歳のときに貯金80万円でマンションを購入しています。

「なんの予備知識もないまま購入を決めてしまったんです。契約してから本を読んだり、担当の営業さんに質問をしたり、実際にマンションの購入経験がある40代の先輩から話を聞いたりして、慌ててお金の勉強を始めました。もともと貯金やお金の管理が苦手だった私にとっては、いいきっかけになったと思っています」

 風呂内さんいわく、お金に関する知識を身につけることは、稼ぐことに匹敵するのだそう。

家庭の事情で仕事ができなくても、お金の知識を生かして家計を改善することで、働くことに近い効果を得られるんですよ」

■不動産で家賃収入を得て家計のリスクを減らす

「これからの時代は、ひとつの収入だけでは厳しいと思います。副収入の柱を1本か2本は作っておかないと老後破産が現実のものになってしまう可能性もあります」

 そう警鐘を鳴らすのは、不動産鑑定士の浅井佐知子さん。浅井さんは副収入の柱のひとつとして、不動産投資がおすすめなのだそう。

「最初からローンを組んで不動産を購入するのは難しいのですが、現金が300万円あれば物件を買うことができます。毎月、なにもしなくても賃料という固定収入が入ってくることが、不動産投資の大きな魅力です」

 というわけで、ここからは浅井さんに不動産投資の基本を解説してもらいます。

投資にかかるお金・儲かるお金

 不動産を買うにはいったいどれくらいのお金が必要? 儲けはどうやって出すの? まずは不動産投資にまつわるお金の基本情報を知っておきましょう。

■物件購入価格+1割の初期費用がかかる

 不動産を購入するには、まず資金が必要です。約300万円あればスタートできますが、契約の際には売買代金以外にも仲介手数料などさまざまな費用がかかります。すべて合わせると、初期費用の合計金額は、物件購入価格の7~10%程度。つまり、契約時には物件購入価格+1割程度の費用がかかります。

 300万円の物件を購入する場合は、合計で330万円程度の費用が必要になってくるのです。

■不動産投資には2種類の利益がある

 不動産投資で得られる利益には、毎月の家賃収入(インカムゲイン)と、買ったときよりも高く売却できたときの利益のふたつがあります。

 毎月、決まった額の賃料が入ることこそが不動産投資の大きな強み。少々、景気が悪くなったとしても、部屋を借りてくれる人がいる限り安定した定期収入が入ってきます。不動産投資は、この家賃収入(インカムゲイン)で稼ぐことが基本です。そのためには、借り手が見つかりそうな不動産を選ぶことが何よりも重要です。

300万円から始める不動産投資の物件例

■買い替えの時期を見てボーナス的な利益も

 売却で利益を得る方法もあります。はじめから売却益を狙って物件を買うのはプロの投資家でもなかなか難しいもの。不動産投資の基本は家賃収入で稼ぐことです。ただし、いい物件を安く買い、高く売れればボーナス的収入もありうるのです。売るタイミングとしては、不動産所有は5年ひと区切りといわれています。それは5年を越えると売却益に対する税率が低くなり、手取りが全く違ってくるからです。将来的に物件を売却するといった視点を持つことも、勝ち組大家さんへの近道です。