舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第11回は、崎山つばささんが荒木宏文さんを指名! 『週刊女性』本誌(2017年6月20日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から崎山つばさ、荒木宏文 撮影/森田晃博

「告白してこないから私には興味ない」と諦めないで、全力でPRしてほしい(笑)

――『週刊女性』本誌掲載の対談で、荒木さんは崎山さんから1度恋愛相談をされたと話していましたね。たしかに、荒木さんには恋愛相談したくなる感じですけど(笑)。

荒木 マジですか? でも女性には相談されますよ。ただ俺、独身芸人さんたちによく言われるんですけど、「お前こっち側の人間だから、一生結婚できないからな」って(笑)。欠陥品らしいっす、恋愛に関しては。

崎山 アハハハハ! 僕もそっちですよ、たぶん。

荒木 ああ、そう。じゃあ、お互い相談すらしないと思います(笑)。

崎山 ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の星野源さんがやってた独身貴族のキャラクターにめちゃくちゃ共感しましたもん。

――人と暮らすのが面倒くさいとか?

荒木 そこまでではないですね。

崎山 でも、ヒロくんもプライベートゾーンに入ってきてほしくないってタイプ
ですよね?

荒木 うん。恋愛に関してはなかなかの面倒くささだと思います、俺は(笑)。

――これやられたらダメってことは何ですか?

荒木 センスがないこと。しかもその良し悪しの判断は俺のさじ加減なんで(笑)。

崎山 アハハハハ!

荒木 怒り方ひとつとっても、センスが出るじゃないですか。例えば靴下脱ぎっぱなしにしてる旦那さんに対して、明日から直してくれるかもしれないという期待感を持って注意できつつ、奥さんは気持ちよく靴下を洗濯カゴに入れられるか。で、怒られた旦那さんも、気分悪くならずに明日から改善できそうな言い方って、相当センスがいるでしょ。そういうことができる人じゃないとダメ。

 しかも、彼女が何でもやってくれることって、すごくありがたいんですけど、「お前は何でもやってくれるのに、俺は何もしてあげられないんだよ!」って、イーブンな関係じゃなくなってるのが、ストレスになっちゃうこともあるんですよ。

――面倒くさい(笑)。荒木さんの理想のタイプは?

荒木 何事においても寛大な人。たまに(自分が)理不尽な怒り方をするときもあると思うんで、それすらも許してくれるような(笑)。

崎山 アハハハハ!

荒木 でも怒られないことも嫌なんで。

崎山 ああ~、わかります! 優しすぎてもちょっと嫌なんですよね。

荒木 そう! ちゃんと喝は入れてくれる人がいい。

崎山 それはほんとに思います。たまには「ちょっとダメだよ」っていうのを、うまーく言ってほしい(笑)。

荒木 そこに対して、こうストレスなく「うるせぇバカ!」って言える相手であってほしいんです。それがすごいケンカにもならないみたいな。

崎山 だから、お母さんがちょうどいいんじゃないですか?

荒木 そうそう! 母親気質を持ってないとたぶん無理な気がする。