希望の党代表の小池百合子氏

「(衆院選出馬は)100%ありません。これはもう最初から申し上げていることで、(小泉)進次郎さんなどもキャンキャン、ウフフ……あの~囃し立てているんですが、お父さんと約束しておりますから。はい。出馬はございません。小泉元総理からも“都知事で頑張れ”と言われておりますので」

 東京都知事で希望の党代表の小池百合子氏(65)は3日、鹿児島県庁で記者団の質問に対し、国政に転身しないことをはっきりさせた。

 これまでも同趣旨の質問には「都政でしっかり頑張る」などと否定的な考えを匂わせてきたが、パーセンテージを示して決着をつけた。小池氏に何があったのか。

 全国紙政治部記者は「安保法制や憲法改正に反対する民進党議員について“排除いたします”と宣言したのがまずかった」と話す。

「エラソーに感じる有権者が少なくなかった。党公認と引き換えに10項目ある『政策協定書』への署名を求めたのも“踏み絵”を迫るようで感じが悪く、打倒・安倍政権のスローガンはすっかりかすんでしまった」(同記者)

 政治家の出馬表明はタイミングが難しい。期待度がMAXに高まるまで焦らし、タイムリミット寸前で出馬宣言するのが最も効果的とされる。選挙戦の話題をかっさらうことができるからだ。

 ただし、焦らしている間はマスコミの追及が続く。

「小池氏は“出ない”とはなかなか言わなかった。衆院選に出ますか? の質問に対し本当に誤解のないように否定したいのならば“出ません”と、ひと言いえばよかったんです。実際は、初の女性宰相に就任するチャンスがめぐってきてやる気満々。都知事の後継候補も真剣に考えていたようです。さながら歯向かう敵をなぎ倒して進軍する“鬼武者モード”だった

 と都政担当記者。