三浦春馬 撮影/廣瀬靖士

「3か月間、イギリス留学していたんです。短い間でしたが、語学学校に通って大好きな演劇を見たりワークショップに参加したりして。すごくいい経験になりました」

 しばしの海外生活を経て、“リフレッシュできた”と、とびきりの笑顔を見せる三浦春馬。これまでイケメン役を演じることの多かった彼だが、土曜ナイトドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系 毎週土曜 夜11時5分~11時59分)では、まさかの童貞エリート=“チェリート”に!

“え、童貞役!?”って思いました(笑)。ビックリしたというよりも、こんなに挑戦的なものに参加させていただけるという期待感のほうが大きくて。

 この企画の“変化球感”からしてヤバいですよね。そこをどう料理していくか、好奇心・探究心が止まらないです。僕もどこまで振り切っていいのやら(笑)

 物語では異性との性経験のない30歳以上の男女“やらみそ(=ヤラないまま三十路)”たちが有無を言わせず「オトナ高校」に入学させられ、卒業するために、あの手この手で童貞・処女からの脱却を目指していく。

「昨日、出演者やプロデューサー含め、みんなで飲みに行ったんです。仲もいいので、和気あいあいとしていて撮影はすごく楽しいです。きわどいワードもセリフとしてバンバン飛び交って、結構ドキッとするシーンもあるんですよ」

 内容が内容だけに、取材でもやっぱりきわどい質問をされたりするの……?

それが全然! 逆にもっと攻めてほしいのに、みなさん僕に気を遣ってるのか、まったくそういう質問をされないんです。どんなきわどい質問をしてくれるか、期待していたんですけど(笑)」

 それでは遠慮なくうかがいますが、初体験について教えていただき――。

すごいストレート!(笑)。ハハハ! でもそれはヤバい。言ってもいいけどたぶん書けないし、事務所に怒られちゃうので(笑)