外資系のレコード会社は忖度なし?

2年ほど前から音楽関係者の間では、彼がグループを脱退したがっていたのは有名でした。ですが、事務所まで辞めるとは思いませんでしたよ」(レコード会社関係者)

 4月15日、都内のホテルで会見を開いた関ジャニ∞。そこで、渋谷すばるが年内いっぱいでジャニーズ事務所を退所することが発表された。

「'16年にソロカバーアルバムを出すなど、彼はミュージシャンとしての活動に注力したかった。会見では“バラエティー番組に出ることがイヤだったか?”と聞かれ否定していましたが、本心は面白く思ってなかったはずですよ」(同・レコード会社関係者)

 それでもアイドルグループの一員として、ファンのために与えられた仕事をこなしてきた渋谷。だが、36歳になり将来への大きな決断をした。

「“東のタッキー、西のすばる”と言われたように、Jr.時代は頭ひとつ抜けた存在でした。実際に関ジャニ∞を結成した際も、美少年で歌がうまい渋谷が中心人物でした」(音楽専門誌ライター)

 だが、デビュー当時はナンバーワンの存在であったものの、グループの人気が上がるにつれて、その立ち位置は微妙なものになっていく。

笑いのセンスやトークのうまさで番組MCを務める村上信五や横山裕に加えて、ドラマなどで活躍する錦戸亮がグループの人気を支えるようになった。それに対し不器用でシャイな渋谷が、彼らに劣等感を抱いても不思議ではないでしょう」(芸能レポーター)

 浮いた存在の彼を、最後までかばっていたのが錦戸だった。実際に会見の日まで、溝が生まれたほかのメンバーとの間をつないでいたという。