逮捕された平尾龍磨容疑者(写真/共同通信社)

「向島のいいところはなんといっても静かなところ。気候も温暖で台風などの自然災害もあまりないので住みやすい」

 広島・向島のケーキ店「まるひ商店」店主の平岡里英さん(54)は目を細めた。

 向島は瀬戸内海に浮かぶ広島県尾道市の離島。古くから造船業とかんきつ類や果樹の栽培が営まれてきた。最近では島を通る瀬戸内しまなみ海道がサイクリングスポットとしても人気で多くのサイクリストたちが島を訪れる。

 連休で島の観光スポット・高見山を訪れた在日中国人の専門学校講師・王莉さん(37)は「向島は自然がきれいで大好き。日本に遊びに来た両親を連れてこられてよかった」と景色を楽しんでいた。

 のどかな島に激震が走ったのは4月8日のこと。

容疑者からの直筆メッセージ

 窃盗の罪で服役中だった平尾龍磨容疑者(27)が愛媛県今治市にある松山刑務所大井造船作業場から脱走し、向島に潜伏した。翌9日、島北部で盗難被害が相次いだ。

 坪田唱妙さん(88)は無施錠の車内にあった財布から約9000円を抜かれ、ドライブのお供とする落花生入りせんべいも盗られた。

「事件後はショックから十分に睡眠をとれなくなり、趣味の三味線からも手が遠のいた。しかし、逮捕のニュースを聞いてようやく弾く気分になれた」(坪田さん)

盗まれた携帯を手に事件を語る山下さん(右)と妻・由里子さん

 坪田さん宅から約1キロ離れた山下幸男さん(76)宅も被害に遭った。携帯電話やノートとペン、車のカギを盗まれ、隣接する息子宅でも車のカギと嫁の財布から7000円が抜き取られていた。

「ノートに“車をお借りします。一切傷つけません”ときれいな字で書いてありましたが、車は残されていました」

 平尾容疑者は山下さんにメッセージを残していた。

「(家の)カギをかけんかったのもいけなかったし、人様に迷惑かけてしまったので取材に応じるようになると次々にマスコミが来て大変でした。ようやく大好きな芋焼酎を安心して飲めます。孫からカギのかけ方を教わったので、これからはうちらも気をつけにゃいけんね」(山下さん)