みぽち 撮影/北村史成

 タイトルの『ヤカラブ』とは、輩(ヤカラ=不良)とラブをかけた造語で、つまり現代版ヤンキー少女の恋愛といった意味だそうだ。人気読者モデルの“みぽち”こと坂本美穂さんの実体験をもとにし、マンガ化した作品である。もととなった体験談は雑誌掲載当初、大反響を呼び、全国の女子高生が「リアルで切ない」と涙したという。

 みぽちさんは、ギャルファッション誌で不良っぽいコーディネートで誌面をかざった“ナンバーワン悪羅(オラ)ギャル”と呼ばれたカリスマモデルだ。どんなに怖い女性が来るかとドキドキしていたのだが、とても明るい笑顔の、礼儀正しい女性が現れた。

腕に彫ったお互いの名前を根性焼きで消す

ヤカラブはめっちゃガチなエピソードですね。中3から高1まで、がきんちょのころの話です。少女漫画家さんに描いてもらっているので、ちょっとマイルドになってます(笑)。小説版もあるんですが、そちらのほうがリアルかな」

 ひょんなことから付き合いはじめ、本気で愛した男性“こーへい”とのラブストーリーだ。印象的なエピソードに、こーへいが腕に“みほ”と自分でデカデカとタトゥーを入れ、みぽちさんも小さく“K”と入れた、というものがある。

針に墨汁をつけて自分で彫るんです。私たちが入れたら、周りの子たちが“かわいい! わたしたちもやろう!”ってなって、ちょっと流行(はや)りましたね

 しかしその後、2人の間に溝ができ、タトゥーのその後についてふれた一文がこれだ。《腕に彫ったふたりのキズナ。タバコの先で消したあの日のコト。恋がこんなに苦しいなんて想わなかったよ……》いわゆる根性焼きで、みぽちさんはKの字を消した。

 高校に入って本格的な入れ墨を入れる子もいた。みぽちさんもその後、手や腕にガッツリとタトゥーを入れる。悪羅ギャルらしいビジュアルであったが、現在はタトゥーの除去施術をしているという。

タトゥーを入れたことは全然後悔してないんですよ。そのおかげで雑誌にも出られたわけなので。ただタトゥーがあるとテレビ番組に出られないことが多くて。3年前に付き合っていた彼氏に相談したら“だったら消せばいいじゃん”って言われて。それもそうだな〜、と思って消し始めました

 気軽な気持ちで始めたが、タトゥー除去はタトゥーを入れるよりもずっと痛いという。しかも3年かけた今も、まだ完全には消えていない。アドバイスをくれた彼氏とはとっくに別れてしまった。

彼は埼玉の上尾の人で、渋谷から電車で会いに行ってました。ニッカボッカーを履いているような職人系の人でした。田舎くさいような、やっぱりそういう人が好きなんですよ(笑)」