丹さんのひざの上でくつろぐ。顔が大きく手脚が短いのがぶさおたるゆえん

『週刊女性』の短期集中連載「動物虐待を許さない!」、第2回の主人公は、虐待を乗り越えて生きる猫「ぶさお」と飼い主の丹竜治さん(42)。丹さんの家に出入りするようになった“ドロボー猫”には、虐待されたとみられる痕跡がいくつもあって……。

〈連載第1回の記事はこちら〉
動物虐待、荒んだ現状に犬猫1700匹を救った女性が喝「エサだけあげる人は加害者」

ツンデレぶさおの生態

「こいつは……猫じゃないですよ。表情や仕草も豊かだしね。ボクは、マジで人間だと思っています」

 茨城県北茨城市在住の自動車関連技術者・丹竜治さんは、ともに歩んできた道のりを振り返りながら、真剣な顔つきでそう言った。

 約7年前から、SNSでブサカワイイということで徐々に人気に火がついてきたのが、愛猫のぶさお(推定9歳)。冬にストーブで暖をとる姿が「ストーブ猫」として評判になり、国内外から100万の“いいね”が寄せられた。

「夏は床にごろんとあおむけになって、無精なのかほとんど動かない。あられもない姿ですよ」と丹さんは笑う。

 猫は警戒心の強い動物だ。お腹を見せて寝転がるのはまったく警戒していないからで無抵抗の証。主人に対する愛情表現のひとつといわれる。

「でも、生意気なところもあって、以前は呼んでもなかなか来なかったし、家族に噛みつくこともあったんすよ。今年1月、ファンが自宅に会いに来てくれたときも逃げてしまった(笑)。最近は年齢的に落ち着いてきたのか、取材慣れして有名になってきたことをわかっているのか、逃げなくなりましたね」

 確かに取材中の筆者にすり寄ってきて、しきりに顔を押しあててくる。じっくり見ると、四角で大きな顔、手脚が短くてコロコロとした体形。ふてぶてしくもあり、カワイくもある。お気に入りの場所は丹さんのひざの上だ。座ってすぐに眠りについてしまう。