キャンサー・ソリューションズ代表桜井なおみさん(51)

「がんサバイバーだからこそわかる」痛みを自らの強みに。がん患者が働き、生活の質を上げるためのサポートをする仕事を選んだ女性がいる。自らの経験を生かした、彼女の生き方とはーー

■   ■   ■

 治療技術の進歩によって長く付き合う病となったがん。それに伴い、「がんとともに働く」という課題が浮き彫りに。自身もサバイバーである桜井なおみさんは現在、がん患者の就労・復職も含めた社会支援を行っている。

 桜井さんが乳がんと診断されたのは、37歳のとき。入院・手術を経て、勤めていた設計事務所に復帰したものの、仕事量が以前と変わらず対応できなくなり、退職した。

「当時、がん患者が働く悩みを相談する場がなかった。特に30代のがん患者は全体の2~3%しかいないので、同世代の人とも出会えなかった」

「ビックリ退社」と「切腹退社」

 その後、苦労して再就職した桜井さんは、自らの経験を生かし、サバイバーやその家族に向けた社会・生活支援プロジェクトを立ち上げる。

「就労に関しては、がんと診断されて1か月以内に仕事を辞めてしまう人が2、3割いる。私は“ビックリ退社”と呼んでいます。診断に驚き、まだ治療も始まっていない段階で、仕事を辞めてしまう人も」

 しかし、治療中に利用できる社会保障制度は、会社員のほうが手厚いのが現実。

「辞めてしまえば、それらを使う権利もすべて手放してしまうことになる。働きながらでも治療できるので、辞めないことが大事です」

 サバイバーが社会復帰をすると、体調と仕事量の調整がむずかしくなる。通院で休むことや治療の副作用の影響を、周囲に受け止めてもらえないこともあり、居づらくなって復職1年ほどで辞めてしまう人も3割近く。これを“切腹退社”と桜井さんは呼ぶ。

「こうならないために、復職前に人事や上司とコミュニケーションをとって、今後の治療の見通しや自分のできること、できないことを伝えて配慮してもらうことが重要です」