相手の不安心理を思いやることなく親切にしたりすると…
「出る杭は打たれる」などと言われるように、横並び志向の強い日本の社会では、自分を際立たせないように気をつけないと、思いがけないところで足をすくわれることになりかねない。そんな難しい社会を生き抜くためのヒントを、心理学博士で『他人を引きずりおろすのに必死な人』の著者でもある榎本博明氏が解説する。

意外な人が、あなたの足を引っ張る理由

 外資系企業に中途入社したAさん(30代、男性)。転職したばかりで右も左もわからないときに、面倒見のよい同僚に助けられた。

 会社は「年齢は関係ない、実績がすべて」といった社風で、Aさんは入社1年目から成果を出し、年収もグンと上がった。

 すると、その同僚の態度が一変した。Aさんがいかにえげつない仕事の仕方をしているかを、周囲に触れ回ったのだ。あんなに親切にしてくれていたのにと思うと、恐ろしさすら感じたという。

 上司に執拗にケチをつけられる人もいる。Bさん(30代、男性)もそのひとり。手際よく仕事の段取りを整えていると、「周りへの配慮なく勝手に進めている」と言いがかりをつけられたのだ。あげくに、「あいつは使えない。仕事は速いんだが、雑すぎる」などと評判を落とすようなことを言いふらされた。

本記事は「東洋経済オンライン」からの提供記事になります

 その上司は、パッとしない部下を可愛がったりする。「しようもないヤツだな」などと言いながらも、やたらと好意的で面倒見がいい。Bさんはあまりの対応の差に愕然としている。

 足を引っ張るのは同僚や上司だけとは限らない。仲のよい友だちに、足を引っ張られるケースもある。