あなたは1日、何回髪の毛を洗いますか

 日本人の大多数が1日1回以上、入浴とともに日常の習慣にしているシャンプー。頭皮や頭髪の汚れや皮脂などを、シャンプー剤で洗い落とすのは気持ちいいものです。「朝も夜もシャンプーが欠かせない」と1日に複数回洗う人もいるでしょう。

 私は美容師、ヘアースタイリストとして長年、さまざまな人の頭皮や頭髪に触れ、数え切れないほどのシャンプーをやってきましたが、一般の人の中にはその適切なやり方を理解していないというケースが実は多いと感じています。「たかがシャンプー」と思う人がいるかもしれませんが、侮ってはいけません。やり方が正しくないとフケやかゆみ、炎症のほか、悪臭や抜け毛などを招いてしまうこともあるからです。

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 ハードな仕事で疲れていたり、お酒に酔っ払って深夜に帰宅したりした日には、「お風呂に入るのも面倒だし、頭を洗うのは翌朝にしようか」と思って、そのまま就寝してしまうこともあるでしょう。これは禁物。頭皮や頭髪の汚れは、その日のうちに洗い流すことが不可欠です。

 人間の新陳代謝がいちばん活発なのは、夜22時~深夜2時。それも入眠から3~4時間に成長ホルモンが分泌されやすい。そこに併せて頭皮を綺麗にしておくのが望ましいのです。「ヘアワックスなどのスタイリング剤が頭に残ったままだと、気持ち悪くて寝られない」という人も少なくないでしょう。その感覚が正解です。

シャンプーの正しいやり方

 次にシャンプーの具体的なやり方です。短髪の男性ならシャンプー剤をつけて洗う前の予洗いに時間をかけない人もいるでしょうが、実は予洗いには一般の人が想像するよりも、ずっと時間をかけたほうがいいです。まずは、お湯で1分から1分半くらい。指の腹でしっかりとマッサージするように汚れを洗い流します。頭皮をしっかりと濡らしていくイメージで行いましょう。

 スタイリング剤を多くつける男性や、ロングヘアーで髪の多い人は、特に事前の予洗いを怠ってはいけません。実はこの予洗いで頭皮や頭髪の汚れは7割ぐらい、特に皮脂やワックスなど、油性以外の汚れはこの時点でほとんど落とせます。予洗いをしっかりすることで、シャンプー剤の使用量が少なくても、ちゃんと泡立ちます。泡立ちが少ないとついついシャンプー剤をたくさん使う人もいるかもしれませんから、経済的な効果にもつながります。