未婚率が30年で4倍に! 親にできることとは?

親として絶対NGなのは、ほかの家の子どもと比べること。「自分には自分なりの幸せがあるのに」と、娘は否定されたように感じ、傷ついてしまう(写真はイメージです)

 結婚しない30代、40代が増えている。'10年の国勢調査によると、女性の未婚率は30〜34歳で34・5%。'80年には9・1%なので、この30年で約4倍に跳ね上がっている計算だ。しかも、生涯未婚率も年々上昇。'80年には女性4・45%だったものが、'10年には女性10・61%に。

「わが子も一生、おひとり様なのでは?」と気をもむ親も多いのではないだろうか。

 約2500人の未婚の男女とその親にインタビューした経験があるマーケティングライターの牛窪恵さんはこう話す。

「アラサー、アラフォーのお子さんの親御さんは、団塊世代〜バブル世代がほとんど。恋愛至上主義の風潮が盛り上がったころだけに、どうして娘たちが恋愛や結婚しないのか不思議に思うことでしょう」

 しかし、結婚について聞いても、娘からうるさがられてしまいがち。

 そこで、娘たちが結婚しない理由や背景を牛窪さん聞いた。