三鷹駅、エキナカに並ぶ『紀ノ国屋』と『KIOSK』

 2016年も、JR東日本はエキナカビジネスを発展させた。7月には東京駅にあるエキナカ「グランスタ」を増床し、11月20日には、千葉駅に「ペリエ千葉エキナカ」をオープンさせている。同社の駅スペース活用事業は、2018年度には営業収益を4270億円(2015年度実績比106.8%)にする目標で、まだまだ発展させる計画である。

 そんなエキナカビジネスの礎として、JR東日本は2010年に紀ノ国屋を買収している。なぜ、紀ノ国屋が必要だったのか。その答えは、紀ノ国屋とエキナカの特徴を見ていくと明らかになる。

 紀ノ国屋は、目立った宣伝もなく店舗も少ないので、知名度は高くないが、東京では知る人ぞ知る存在である。日本初のスーパーマーケットで、戦後間もない頃は在日アメリカ人を得意客とし、それまで日本人には馴染みの薄かった、サラダ用の野菜、フレッシュジュース、パン、輸入チーズ、輸入ワインなどを扱ったパイオニアである。

 現在も、青山にある(本店に相当する)KINOKUNIYA インターナショナルは、イオンや西友などとはまったく違う。まずは、その店舗の様子を紹介したい。

 入口の野菜や果物は、他のスーパーのように無造作に山積みされることはなく、スポットライトのような強い光を浴びて、美しく見えるように陳列されている。一つ一つ緩衝材に包まれた高級フルーツ、京野菜など、高価な食材や珍しい食材が並んでいる。

 紀ノ国屋にはPB(プライベート・ブランド)も多いが、トップバリュー(イオンのPB)とは違い、価格は大手メーカーの商品(ナショナル・ブランド)よりもむしろ高い。コストを下げるためのPBではなく、老舗の商品を扱ったり、厳選した食材を使ったりするため、自ら加工しているのだ。