N子さん宅は木造瓦葺きの2階建て。正面手前の2階角部屋がN子さんの自室だった

 警視庁に110番通報があったのは19日午前5時56分のことだった。夏を思わせる暑い日が続いていた。

「姉が2階の部屋で白骨化しています!」

 現場は東京都台東区東上野の木造瓦葺き2階建て住居で、通報者はこの家に住む歯科医院勤務の次女(50)。異臭が気になって2階に上がったところ、布団の中に一部白骨化した姉・N子さん(55)が横たわっていた。捜査当局は身元の確認を急ぐとともに、死因などを調べている。

「頭がい骨と足の骨がむき出しになるほど腐敗は進んでいた。目立つ外傷がないことなどから事件性はないとみているようだ」と全国紙記者。

 一家は年長順に長男(59)、長女N子さん、次女の3人暮らし。両親は亡くなっている。

「長男と次女は4月ごろ異臭に気づき、“部屋を掃除しなくちゃいけないね”などと話していた。N子さんの姿を1年以上、見ていないと話しているといい、家から出て行ったと思っていた」(同記者)

 N子さんは騒音に敏感なクレーマーとして有名だった。

 近所の70代主婦は、

「路上で工事業者を大声で怒鳴りつけていました。“音がうるさい”とか“工事の話は聞いていない”とケンカ腰でパトカーが出動する騒ぎもあった」と目撃談を話す。

 近所の住民が見ててもおかまいなし。N子さんを幼少時からよく知る年配の女性がなだめようとすると、

「そういう問題じゃない」

 と腕組みして仁王立ちしたまま言い放ったという。

 若いお母さんに「子どもの泣き声がうるさい! 虐待してるんじゃないか」と突っかかったり、自宅そばの電柱に防犯カメラを設置する工事では、

「家の中を見張られるようで気分が悪い。許可なく工事するな」

 と一喝。あまりの剣幕に工事は一時、中断された。

「ところが、仕切り直しの防犯カメラ設置工事では何もクレームをつけなかった」(近所の50代女性)

 この2度目の工事は昨年末から今年初めにかけて行われたといい、すでにこのころ、N子さんは自室で亡くなっていた可能性がある。

 取材の中で興味深い情報をキャッチした。N子さん宅を含めた住宅街の一角ではマンション建設計画が進んでいる。不動産業者による対象世帯への説明が終わり、これから条件交渉が始まる矢先だったという。

 借地であるN子さん宅は土地の所有権移転が4日前にあったばかりだった。