I氏退社で新体制

近日中にジャニーズ事務所内で人事異動、SMAPに影響あるか

2016年02月17日(水) 05時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉
2016年02月17日(水) 05時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉

s-20160202_SMAP_2

 2月12日、TBS系『中居正広の金曜日のスマたちへ』が突如、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』にタイトル変更された。今年で15周年を迎える看板番組の、いわゆる改編期でもない時期の変更は異例のことと言える。

「元ネタは社会現象にもなった、同局のドラマ『金曜日の妻たちへ』。不倫を題材にしたドラマです。『金スマ』には不倫疑惑のベッキーも出演していましたし、スポンサーから“連想させる”と苦情が出ていたのかも。もしくはSMAPがらみでしょうかね?」(テレビ誌編集者)

 実は『~スマイルたちへ』のタイトルは、小林幸子を特集した1月22日のSP版でもひそかに使用されていた。くしくも、4日前の18日に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での笑顔なき解散騒動生謝罪が行われたばかり。

 とくに悲壮な表情を浮かべていた中居を救うように急きょ変更、心機一転で新タイトルとして採用したとも考えられる。

 あれから1か月、メンバーはドラマに舞台、バラエティー番組とそれぞれ以前と変わらない仕事をこなしている。しかし『スマスマ』について、関係者はこう語る。

「20周年の特別企画とされた、2月1日の『ノンストップライブ』は'13年の再編集版、2月8日の『シャッフルビストロ』は昨年に収録されたものです。もともとこの時期は毎年、メンバーの“冬休み”としてあてられる時期でもあり、スケジュールどおりみたいです。2月8日放送で、5人で歌った『涙のキッス』が生謝罪以降の撮り分ですね」(前出・テレビ誌編集者)

 そして2月10日、あらためて収録が行われた。

「メンバー間でも会話が増えてきて、笑い合う場面も多くなった感じはします。でも、それがかえってわざとらしく、不気味に見えてしまうのは気のせいかな(苦笑い)。周囲では元のSMAPに戻るとは思われていない。もうひと波乱、やはり4月か9月に起こるのでは、とささやかれています」(テレビ局幹部)

 そして“育ての親”Iマネジャーの退社に伴い、組織されたという新体制について、業界関係者はこう語る。

「“後釜”とウワサされた元広告ウーマンの“美魔女”は、CM畑では手腕を発揮しているものの、芸能事務所のマネジャーとしての力はないと。そのほかのマネジャーに関しても、Iさんの代わりが務まるワケもなく、メリー副社長や娘のJさんの脅威になりうる存在はいないと見られています」(芸能プロ関係者)

 一方で、“一本化”されたジャニーズ事務所内では、確かな変革が起きているという。

「近日中に事務所内で人事異動があって、各グループのチーフマネジャーの入れ替えなどが行われるといいます。そして“派閥”によって起きていた、ジャニーズ同士の番組が同時刻で重なるブッキング。これも近々整理されると思われます。SMAPにも影響が出るかもしれません」(テレビ局プロデューサー)

関連記事

山下智久
中国語も勉強して...

山P、I氏退社で中国進出白紙

2016年02月16日(火) 05時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉
SMAP
ブレイク秘話

SMAP人気ランキングを捜査指...

2016年02月12日(金) 11時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
SMAP
SMAP秘話

中居 I氏への情も厚い

2016年02月07日(日) 05時00分
〈週刊女性2016年2月16日号〉
SMAP
SMAPブレイク...

香取慎吾、I氏絶叫の行動

2016年02月06日(土) 05時00分
〈週刊女性2016年2月16日号〉
SMAP
解散報道のキーマ...

SMAPブレイクにI氏の存在

2016年01月19日(火) 11時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉
SMAP
SMAP秘話

拓哉 事務所への忠誠心のワケ

2016年02月13日(土) 11時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉

オススメ記事

インフォメーション
アンケート募集

美意識が高いアラフォー女優は?

2016年06月27日(月) 06時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉

ページトップ