寿栄小の塀崩落現場。警察による現場検証が行われ、塀は粉々に崩された(6月21日撮影)

 大粒の雨が降りしきる6月20日夕、小学4年・三宅璃奈ちゃん(享年9)の通夜が大阪・高槻市内の斎場でしめやかに営まれた。

 参列した60代の男性は、

「お母さんは通夜の間、ずっと泣いていました。でも、ご両親は参列したひとりひとりに頭を下げ挨拶をしていました。お父さんは落ち着いている感じがしましたが、“はたして耐えきれるか……”と激しい悲しみを吐露する場面も」

 と、涙をこぼした。

いつもより10分早めにひとりで家を出た

 6月18日、午前7時58分。大阪府北部を震源とするマグニチュード(M)6・1の地震が発生。同府大阪市北区や高槻市、茨木市など5市で震度6弱を観測した。大阪府で震度6弱を観測するのは1923年に気象庁で観測を始めてから初めて

 発生はちょうど朝の通勤・通学の時間帯だった。

 大阪・高槻市立寿栄(じゅえい)小学校では、通学路脇のプールのブロック塀が地震の影響で崩壊。登校中の璃奈ちゃんが下敷きになった。

 小学校の登下校の見守り活動をしていた近所に住む70代男性はその様子を証言する。

「プールの塀が落ちたことを知り、慌てて駆けつけると、小学生が下敷きになっていることがわかったんです」

 崩壊した塀の間から運動靴をはいた白い足が見えた。

 4、5人の大人が塀を持ち上げ、救助を試みたが全く持ち上がらない。呼びかけても璃奈ちゃんの返事はなかった。

 大阪府警は死因を全身骨折による失血死と発表。学校などの業務上過失致死の疑いもあるとみて捜査をしている。

 璃奈ちゃんは毎朝、小学1年の弟と登校していたが、この日はあいさつ当番のため、いつもより10分早めにひとりで家を出た。地震が起きたのはブロック塀の下に差しかかったときだった。