人は見た目が9割!?
20年近く“働く女性”を取材し続けてきた筆者が、ここ数年の変化として顕著に感じるのは、稼ぐ女(妻)に不倫をしている人が多いこと。彼女たちの共通点は、夫も子どももいて、年収600万円以上を稼ぎ、離婚も失業もビクともしない生きていくスキルを持っている。

 もちろん家庭人としての責任もきちんと果たしており、それなりに手をかけて子どもを育て、夫の世話もしている。仕事、家庭、そして恋に忙しいから、話題の“毒母”のように子どもに依存したり支配したりすることもない。

 こういう女性たちの背景や、何が不倫に向かわせたのかを取材していると感じるのが、高度経済成長期に理想とされていた“女は3高(高身長・高学歴・高収入)の男と結婚し、家庭を守り子を育て夫に尽くすことが幸せ”という価値観の崩壊だ。「家庭は守るわよ。彼と会っても、朝までには帰っているから(笑)」と艶然とほほ笑むのは、現在、不動産関連会社で営業マンとして働く辻本みどりさん(仮名、42歳)だ。

お互い娘がひとり、家庭環境は良好

取材対象者 辻本みどりさん(仮名、42歳)
年収:600万円
夫の職業:大手飲料メーカー(45歳・年収750万円)
最終学歴:有名私立中堅大学
容姿レベルと体型:そこそこ美人、身長155センチ、やや太め体型
好きなブランド:プラダ、ユニクロ
結婚年数と子どもの数:15年、11歳の娘
経験人数(結婚前/結婚後):10人/2人

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 そこそこ美人で、容姿は中の上という辻本さんは、10歳年上の男性と7年間不倫をしている。彼は飲食店のプロデューサーをしており、辻本さんとは仕事で知り合った。あるプロジェクトを担当し1年間、頻繁に顔を合わせたという。

 立場的には、辻本さんの会社のほうが発注側だった。会社が主催する飲み会で彼と同じ建築家が好きなことがわかり、いろいろ話すようになった。当時の2人の年齢は45歳と35歳。お互い娘がひとりいて、家庭環境は良好。飲み会の翌週に2人だけで展覧会に行き、その日のうちに恋愛に発展。ホテルに誘ったのは彼のほうだったという。