カラオケで盛り上がる“ジャニーズソング”。2016年はいったいどの曲が一番歌われたのでしょうか? そこで、現在、ジャニーズ事務所からデビューしている9つのグループ別に、2016年最もカラオケで歌われた曲を調査しました。

 今回は、今夜の紅白歌合戦に出場するTOKIO、KinKi Kids、V6、関ジャニ∞の4組(嵐とSexy Zoneは別の記事で紹介しています)それぞれのランキングを発表します。まずは関ジャニ∞から!

*(株)第一興商 通信カラオケDAM調べ(調査期間:2016/1/1~2016/12/20)

関ジャニ∞

 2004年に「浪花いろは節」でデビュー。紅白歌合戦の初出場は2012年で、今年で5年連続出場となる。関西出身らしくバラエティ番組でも活躍し、ジャニーズの人気グループとしてTOKIO、嵐に次ぐ存在に成長。2016年カラオケで歌われた曲ランキング、5位から1位は以下の通り。関ジャニ∞らしい陽気で元気に盛り上がれる曲が並んだ。

■5位『オモイダマ』

 デビュー10周年の2014年7月、ABC・テレビ朝日系『熱闘甲子園』のテーマソングとして発表された28枚目シングル。この年の紅白でも高校生の吹奏楽団とコラボして披露。全国の高校生から募集した真っ直ぐな“想い”を歌詞に盛り込み、青春ソングとしてカラオケでも大人気に!

■4位『前向きスクリーム!』

 2015年発売。初週で28万枚を売り上げるヒット曲となり、紅白でもこの曲を歌った。「前向き!前向き!〜」と繰り返すハイテンションなフレーズは一度聴いたら、つい口ずさんでしまう曲。大塚製薬『オロナミンC』のCMソングだけに、“元気ハツラツ”になれそう!

■3位『がむしゃら行進曲』

 2014年発売の31枚目シングル。メンバーの丸山隆平が主演の日本テレビ系ドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』の主題歌。タイトル通りのノリのいい曲で、ダンスの振り付けを真似してYouTubeに「踊ってみた」を投稿する人が続出。カラオケでやっても盛り上がるはず!

■2位『ズッコケ男道』

 今年の紅白歌唱曲。2007年発売の6枚目シングルで、テイチクレコードの演歌部門からJ-POP部門のインペリアルレコードにレーベルを移して初めて発表した記念の曲。ライブでも必ずと言っていいほど披露される。会場全体で一緒に踊れる振り付けがあり、“エイター”(関ジャニ∞のファン)にはおなじみの一曲!

■1位『罪と夏』

 2016年7月発売の35枚目シングル。関ジャニ∞がアロハシャツとショーツスタイルで歌う夏ソング。一見元気が取り柄のワチャワチャした曲のように思えるが、凝った曲作りや関ジャニ∞らしい“ヘタレ感”を感じる歌詞にファンから高い評価が。歌えば歌うほど面白い曲!

*(株)第一興商 通信カラオケDAM調べ(調査期間:2016/1/1~2016/12/20)