V6

 1995年結成。紅白には2014年の初出場から3年連続3回目。今回の紅白では、昨年の『ザッツ!V6メドレー』に続くメドレー曲『Smile!メドレー』を歌う。2016年カラオケで歌われた曲ランキング、5位から1位は以下の通り。「カッコいいのにどこかかわいい」V6の魅力がいっぱい!

■5位『CHANGE THE WORLD』

 2000年発売の17枚目シングル。高橋留美子原作のアニメ『犬夜叉』初代オープニング曲。V6が初めて歌ったアニソンとして知られる。子ども時代にこの曲を聴いてV6を好きになったファンも多いのでは。元気をもらえる歌詞も人気の理由!

■4位『愛なんだ』

 1997年発売の5枚目シングル。ノンタイアップながらV6のシングル曲で最大の売り上げを記録するV6の代表曲。「安全地帯」の玉置浩二が作曲し、初期のユーロビートから優しくて明るいポップ調に変わり、V6のターニングポイントとなった曲として有名。「そう、愛なんだよね』って思える曲!

■3位『TAKE ME HIGHER』

 1996年発売の4枚目シングル。長野博主演のTBS系ドラマ『ウルトラマンティガ』のオープニン曲。V6初期のユーロビート曲でアクロバットと激しいダンスが特徴。テンションが上がる一曲!

■2位『WAになっておどろう』

 1997年にNHK『みんなのうた』で放送された歌をカバーした曲。保育園や小学校で歌ったというファンも多いV6の代表曲の一つで、初出場の2014年紅白でもこの歌を披露した。「オ〜オ〜 さあ輪になって踊ろ」のフレーズを一緒に歌わずにはいられない、みんなが笑顔になれるハッピーソング!

■1位『Darling』

 2003年発売の23枚目シングル。多くのファンが「V6を好きになったきっかけになった歌」として挙げる人気曲。V6出演の『学校へ行こう!』のエンディング曲や映画『Hard Luck Hero』の挿入歌のほか、松本潤主演のTBS系ドラマ『きみはペット』の主題歌として嵐ファンにもおなじみ。「Darling Darling What 感 eye(わかんない)」など歌詞の言葉遊びやダンスが可愛くて、聴いても歌っても楽しい!

*(株)第一興商 通信カラオケDAM調べ(調査期間:2016/1/1~2016/12/20)
すべての写真を見る