TOKIO

 1994年デビュー。紅白歌合戦にはデビューイヤーから今まで23年連続で出場。ジャニー社長が「世界に通用するバンドになってほしい」という思いを込めて“TOKIO”と名付けただけに、メンバー全員が自分の担当以外の楽器も演奏できるマルチプレイヤーとして、アイドルを超えた音楽性を持つ。長寿番組『ザ!鉄腕!DASH!!』の人気で老若男女におなじみの存在に。2016年カラオケで歌われた曲ランキング、5位から1位は以下の通り。KinKi Kidsと対称的に応援歌が目立つ。

■5位『花唄』

 2002年発売の25枚目シングル。松岡昌宏主演の日本テレビ系ドラマ『ナースマン』の主題歌。同年の紅白歌唱曲。「泣きだしそうな僕のために 舞う花吹雪」という歌詞が卒業式に似合う。「落ち込んだことがあると口ずさみたくなる」というファンも多い。TOKIOが背中を押してくれる、自分だけの応援歌!

■4位『リリック』

 2013年発売の46枚目シングル。長瀬智也主演の日本テレビ系ドラマ『泣くな、はらちゃん』の主題歌。作詞作曲も長瀬で、この曲からメンバーたちが作詞作曲する制作体制に移行した。長瀬らしいストレートな歌詞とメロディが心に響く。TOKIOのベスト盤『HEART』のファン投票第1位にもなった人気曲!

■3位『AMBITIOUS JAPAN!』

 2003年発売の28枚目シングルで、同年と2013年、2015年の紅白歌唱曲。JR東海とのタイアップ曲で東海道道新幹線のCMソングに採用された。作詞作曲は、なかにし礼・筒美京平のベテランコンビ。「突き進めばのぞみはかなう」という歌詞通り、疾走感のあるアップテンポな歌はカラオケで盛り上がれる定番曲!

■2位『LOVE YOU ONLY』

 1994年のデビューシングル。紅白では初出場となった同年と、記念すべき20回目の2014年にもこの歌を歌った。フジテレビ系アニメ『ツヨシしっかりしなさい』のテーマソング。好きな女の子への想いを切なく歌い上げた、ファンにとっては忘れられない胸キュン曲!

■1位『宙船(そらふね)』

 2006年発売の35枚目シングル。長瀬智也主演の日本テレビ系ドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』主題歌で、長瀬がTOKIOシングル初のソロボーカルに。同年の紅白歌唱後に売り上げを伸ばしてロングヒットとなった。楽曲提供は中島みゆき。人生を「船」に例えて心の葛藤を歌った「みゆき節」も、「その船をこいでゆけ お前の手で漕いでゆけ」と長瀬が歌うとTOKIOにふさわしい応援歌に。今回の紅白で10年ぶりにこの名曲を歌う。

*(株)第一興商 通信カラオケDAM調べ(調査期間:2016/1/1~2016/12/20)

 ──2016年にあなたが歌った歌は入っていましたか?