舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第4回は、和田雅成さんが安里(あさと)勇哉さんを指名! ここだけのトークをたっぷりお楽しみください。

*当記事では『週刊女性』本誌(2017年3月7日号)で収録しきれなかった対談を掲載しています。もっと読みたい方は本誌もチェック!

左から和田雅成、安里勇哉 撮影/森田晃博

せっかく沖縄に遊びに来てるのに、夜の10時に「ホテルに帰ります」って

――おふたりはプライベートで沖縄に旅行に行ったそうですが、どんな旅だったんですか?

安里勇哉 沖縄料理屋に食べに行こうって言ってるのに。りんりん(※編集部注:和田さんのあだ名。由来は『週刊女性』本誌をご参照ください)は“ファミレスでよくない?”みたいなノリなんですよ。

和田雅成 マジでそうなんですよ、俺(笑)

――(笑)新しいことをしたくない?

和田 何なんですかね~。そういうことに重きを置いてないというか。

安里 何なの? その重きを置いてないって(笑)

和田 沖縄に行ったこと自体でもう、楽しいんですよ。でもそこで、別に何しようとかはないから。

安里 もう、超損する人(笑)

和田 何それ?(笑)。でも引っ張り出していろいろ連れてってくれましたね。

安里 行ったら行ったで楽しいんですよ、りんりんは。楽しむんですけど、連れて行くまでが長いんですよ(笑)。スッと行けばいいのに、必ず“あぁ~”みたいなのがあるので。ねこみたいなんですよ。だから、“面デレ(面倒くさいデレデレ)”です。

和田 アハハハハ!

安里 せっかく沖縄に来てるわけじゃないですか、しかも遊びですよ。なのに、夜の10時になったら、ホテルに帰ります? みたいな感じで言ってくるから。

和田 帰りたくなるんですよ。定時、定時(笑)

安里 翌朝早く起きて海に行こうとか、他のところに行くからとか、理由があるんだったらいいんですけど、そんなのも何もないのに、今からお前ホテルに帰って何するの? って。“まだ沖縄の夜が待ってるよ”って感じなのに(笑)

――そういう和田さんのことを安里さんは受け入れないんですか?(笑)

和田 勇哉さんは、マジで受け入れてくれないですね。

安里 受け入れないっす(笑)