'15年12月28日、都内で行われた『日刊スポーツ映画大賞授賞式』に参加した長澤。このときもセクシーなシースルー衣装で登場
【写真】シースルーの衣装で映画祭に登場した“オトナな”長澤まさみ
「第39回日本アカデミー賞」に出席した長澤まさみ

映画の撮影中から、長澤さんは周囲に“木村さんと一緒だとプレッシャーがかかって、気疲れしてしまう”と話していたそうです。彼とは初共演でしたが、これまで彼女が経験してきた撮影とは雰囲気が違っていたみたい。大御所である木村さん独特の緊張感が耐えられなかったのでは」(同・長澤の知人)

 週刊女性は、昨年2月に、彼女の宣伝のためのバラエティー番組出演が極端に少なかったことを報じていたが、そこにはこんな裏側が。

「昨年1月から2月にかけて木村さんは多くの番組に出ていました。一方、長澤さんは収録が行われた間、舞台『メタルマクベス』の公演があったこともあり、彼に比べると少なかった。仕事の都合で出られなかった番組もありますが、そのうちのいくつかは“木村さんと出ると緊張するから”という理由で断ったそうです」(製作会社関係者)

 映画の“パートナー”でもある木村との距離感について、長澤の所属事務所に問い合わせたところ、

指摘されたような事実はありません。当時、舞台や映画の撮影と重なっていましたが、木村さんとご一緒できる仕事はきちんと参加していました。木村さんにはかわいがっていただいて、本人も喜んでいました。大先輩ということで恐縮することはあったかもしれませんが、今後も一緒に仕事をしたいと思っています

 ただ、『マスカレード』の続編製作にはこんな問題も。

「本来であれば、今年の秋以降に撮影に入る予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で、出演者のスケジュールが大幅に変わってしまいました。長澤さんは現在、映画『キングダム』の撮影があり、年明けは『コンフィデンスマンJP』の撮影も控えている。彼女のスケジュール的に、年内に撮り始めるのは難しいでしょうね」(前出・製作会社関係者)

 大ヒット映画の続きを見られるのは少し先になりそう。