女性で史上初の「究極のサマディ(悟り)」に達したインド政府公認のシッダーマスター=ヒマラヤ大聖者、ヨグマタ相川圭子さん。ヒマラヤ秘教の厳しい修行を越え、究極の真理を悟ったヨグマタ=宇宙の母さんに、読者の悩みを相談。辛酸なめ子さんが感性あふれるイラストとともに、解決へとみちびきます。

※今週のお悩み

 コロナ禍で2回目のお盆がやってきます。毎年、帰省をしていたのですが、去年は実家(北海道)から「帰ってこないでほしい」と言われて帰省を断念。大好きな祖父母が相次いで他界したばかりなので、今年は帰省したいと思っていたのですが、感染状況を考えると、今年も帰れる状況ではありません。自宅で静かに祖父母を偲ぼうと思っています。自宅で過ごすお盆。どんなふうに過ごせばいいでしょう? 心の整え方があれば、教えてください。(30歳・会社員/神奈川県)

 瞑想、祈り。ご先祖様の視線を感じながら、よい行いを

 昔からお盆は、先祖を思い親族が集まる大切な時間でした。相談者の方は、2年連続でお盆に帰省できなくて気がかりということですね。

 でも、家族や先祖とは時空を超えて見えないところでずっとつながっています。そしてお盆のときに仏教の教えでは先祖の供養をするのです。

 仏教の故郷インドはお盆の時期の満月の日はシバの神とヒマラヤの聖者のグルを称え、浄めとパワーをいただきます。またその日は先祖を神につなげ祈り、供養するのです。この風習にヒマラヤの教えと日本で行われる先祖の供養に深いつながりを感じます。

 さて人には生前と今生の行為の結果が心に記憶されます。それをカルマといいそれが運命を決めています。カルマが心に蓄積されそれが魂を覆い曇らせて生きることを不自由にして苦しみを呼ぶのです。しかし、そこから解放されることは普通はできません。

 それをヒマラヤの秘法によって浄化して魂に出会うのが人生の究極の目的なのです。

 今回お墓参りができなくてもあなたが今ご先祖様にとってできるよいことがあります。それは身体と心とこの命で生きていることに感謝、つまりこの存在をいただいているのも先祖のおかげであると感謝することです。

 さらにあなたのカルマとご先祖様の魂もカルマの良否を持ったままでいます。

 これからの先祖供養はあなたの先祖のカルマを浄めることにするのです。あなたの日々の正しい行為が先祖の魂を浄めることになります。

 ヒマラヤの聖者は、より早くあなたと先祖を幸せにするためにヒマラヤシッダー瞑想を伝授し、祝福して幸福と悟りのガイドをします。この瞑想をすることで先祖の御霊と自分を最速でパワフルに解放できるのです。ヒマラヤの聖者の先祖への祈りが先祖のカルマを浄めます。さらにここであなたがご先祖様にできることは、先祖の縁を感じて日常的によいカルマを積むことです。

 今、コロナで大変ですが命の力を強めるために手や口を清潔に、加えて、心と言葉と身体の行為を人を傷つけない正しいものにします。それであなたは進化するのです。

ヨグマタ相川圭子さん 撮影/矢島泰輔

ヨグマタ相川圭子さん……究極のサマディに達して下界で活躍する世界にたった2人しかいないヒマラヤ大聖者。「女性史上初」5千年の伝統をもつヒマラヤ秘教の正統な継承者。国連本部で主賓としてスピーチ。日本、インド、ヨーロッパ、アメリカで活躍。日本に道場を持ち、ディクシャという瞑想秘法伝授と悟りの合宿を行う。全国で指導を展開。人生を変える本質的な生き方をガイド。『心と体をととのえて、もっと楽に生きる』(中央公論新社)など著書累計90万部。TBSラジオ・インターFM897、BSテレビに好評レギュラー出演中。
●公式サイトhttps://www.science.ne.jp/

辛酸なめ子……東京都生まれ。女子学院中学校・高等学校を経て、武蔵野美術大学短大卒。漫画家・コラムニストとして活躍。『渡る世間は罠だらけ』など著書多数。Twitter:godblessnameko

《構成/池野佐知子》