数あるポイントカードの中で最もお得なのは実は昔ながらの「紙のポイントカード」。店に行くとスタンプを1個ずつ押してくれるやつだ。一般的なポイントカードの割引率と比べると、なんと約18倍もお得ということが判明。なぜ割引率がダントツなのか、検証した。

紙タイプのカードは驚異的な割引率

 日々の買い物でスタンプやポイントを貯められるポイントカード。使ってはいるものの、「割引率なんて、どれも似たりよったりでしょ? 」と思い込んでいないだろうか。

「アプリなどでの“ポイ活”が全盛のいまでも注目すべきなのは、実は昔ながらの紙のポイントカードです」と断言するのは、ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔さんだ。

 紙のポイントカードは、1回利用するごとにスタンプなどを押してもらい、10ポイント貯まると1回分無料というのが典型的なスタイル。昔からの慣れ親しんだシステムだが、改めて割引率を換算してみると驚きの数字が割り出される。

紙のポイントカードとの差

 10回分の価格で11回分得られるということは、割引率にするとなんと9・1%! しっかりポイントを使えば、毎回約1割引きになる計算だ。

 ポイントカードの割引率ではこれ以上ないというほど非常に高い。

「プラスチックタイプのポイントカードやクレジットカードのポイント付与の一般的な割引率(厳密には還元率)は0・5~1%。紙のポイントカードの9・1%は0・5%の実に18倍以上。相当高いといえます」(山崎さん、以下同)

 また、紙のポイントカードだと、雨の日などに2倍押してくれる場合もある。プラスチックのポイントカードだと例えば「ポイント10倍デー」の日でも0・5%×10で5%。紙のポイントカードの約9%が2倍になれば約18%だから差は歴然だ。

割引率の高さはアナログだから

 紙のポイントカードの高い割引率には店側の事情が関係している。

 プラスチックのポイントカードにするには、レジと連動した管理システムが必要だが、規模の小さな店ではそれが整っていないところもある。買い物額に応じて細かなポイントを付与するには、いちいち計算しないといけないため、かなり面倒だ。

 その結果、1回利用したらスタンプ1個といったようなアバウトなポイント付与にしている店が多いのだ。原始的なシステムだからこそ、私たちは高い割引の恩恵を受けられるというわけである。

 また紙にスタンプを押していくタイプのポイントカードはスタンプが貯まっていくのが目に見えてわかるので、ついお店に通ってスタンプを集めたくなるという点もある。店側としては、たしかに1割近い割引率は高いが、常連さんになってくれるのであれば価値ありと判断しているわけだ。

「紙のポイントカードをもらってもすぐに捨ててしまう人や、お店からすすめられてももらわない人もいますが、もったいないです。紙のポイントカードは最強の割引システムだと思いますので、上手に活用しないと損です」