いまや若者にも広がりつつある現代人の目の悩み。当然、年齢が進めばその度合いも深刻になっていく─。老眼、緑内障、白内障、近視、さらにドライアイ……。一度発症すると改善が難しく、日常生活に支障をきたす場合も出てくるだけに厄介だ。スマホはもちろん、仕事でもパソコンを使う頻度が圧倒的に増え、慢性的な眼性疲労に苦しめられる現代人はほとんどがその予備軍だといえる。

目の不調は血流改善でよくなる

 だが朗報が! たった10秒の「顔さすり」をいくつか組み合わせれば、ほとんどの目の不調は改善できるというのだ。

「顔さすりで目のまわりの血流を促すのは不調改善にとても効果的。目薬などではなかなか効果が表れなかった患者さんでも、老眼や近視の症状がよくなったケースも少なくありません」と鍼メディカルうちだの内田輝和先生は言う。

 そもそも不調のいちばんの原因は、目の使いすぎからくる血流悪化。目のまわりの筋肉が固まってしまい、ピントを合わせる機能が低下する。

 そこで自宅でできる「顔さすり」療法で、目のまわりのツボを刺激し、滞った血流を促進させる。「さすり」という呼び方のとおり、顔にあるツボの周辺を全体的にやさしくさすっていくことで、これまで嫌というほど付きまとわれていた目の不調がなおると評判だ。

たった3ステップで視力アップ

 顔さすり療法は「脳天さすり」「顔さすり」「眼筋トレーニング」の3ステップでひとまとめ。1ステップごとに10秒ずつ、それを5セット繰り返そう。

 コツは人さし指と中指を使うこと。消しゴムを使うくらいの強さで軽く皮膚に圧をかける。1日1回、もしくは朝晩の2回、特に入浴後などの血流がよくなっているタイミングで行うのがポイントだ。通常より高い効果が得られるという。

ステップ1

 ステップ1の「脳天さすり」は目のあらゆる症状に効果がある。「脳天」は、首の中心に沿って髪の生え際に人さし指を置き、そこから頭頂部に向かって指3本分のくぼみから左右5ミリの所を指す。ここの血流が滞り、しこりのように硬くなっていると、目の不調が表れやすい。人さし指と中指を当て、左右に10回リズミカルにさすろう。

ステップ2

 ステップ2は「症状別の顔さすり」だ。特に老眼に効くのが「魚腰」というツボで、ここを刺激すれば前頭葉に作用し、近いところにピントを合わせやすくなる。もちろん近視を改善する顔さすりもある。「中谷眼点」と「太陽」という2つのツボを押さえることで側頭葉に刺激を与え、視覚に関わる筋肉が正しく働くようになるのだ。

 そのほかにも、緑内障に効く「攅竹」というツボは眉の始まりにあり、白内障に効く「陽白」というツボは眉の中央の少し上にある。これらのツボも同様に、人さし指と中指を使い、その周辺のゾーンをやさしくさすってあげよう。

 このように症状ごとにさする部位が違うステップ2。もちろんすべてのツボをさする必要はなく、日ごろ気になる症状に合わせたツボを中心に刺激すればいい。その日ごとに異なるツボを押すと、目の不調に満遍なく効果が得られるという。

ステップ3

 最後のステップ3は、目全体を鍛える「眼筋トレーニング」。両手の人さし指で、上下、左右、右斜め、左斜めに目を引き伸ばす。このとき指の力に逆らってまぶたを閉じるように力を入れることで、周辺の筋肉が鍛えられるように働く。この仕上げのステップによって、視界が広くなり視力がアップするだけでなく、垂れ下がったまぶたが上がり、見た目の若返り効果も期待できる。

目の疲れをケア!顔さすりの実践3STEP