「気づいた人はみんなやり始めてます」と人気FPが言う3000円投資。聞いたことはあっても、腰が重くてなかなか手を出せないのでは? そこで、本当にサクッと始められるのか、週刊女性編集部員が検証した。夫のボーナスで自分の小遣い稼ぎ、情勢が不安定な今こそ始めたい。

未経験者の始めどき

 今、投資を始める人が急増している。ただ、それはあなたが想像しているような「怖い」とか「損しそう」といったネガティブなイメージの投資ではない。「投資信託」と呼ばれるもので、少額から貯金感覚で投資できるため、女性の間でも急激に広まっている。

「まだ始めていない人は世界情勢が不安定な今こそチャンスです。たとえるなら市場は今、バーゲン中。1本100円の大根が75円で売られているような状況です。同じ金額で普段より多く買えるから断然お得。この機会を利用しないなんてもったいないですよ。物価上昇で家計は苦しいときかもしれませんが、今が始めどきです」と教えてくれたのは、家計コンサルタントの横山光昭さん。

 とはいえ、スーパーで大根を買うのとはワケが違う。「投資信託なんて手続きが面倒そう……」と思うかもしれないが、実はそうでもないのだ。

 手続きはすべてネットでできてお手軽。最初の口座開設のみ多少手間取るかもしれないが、あとはほったらかしでOK。

 実際、投資経験も知識もない、ズブの素人の編集部員が試したところ、簡単に始められたからきっと誰にでもできるはずだ。

気づいた人は始めている

 横山さんが初心者におすすめしているのが、「3000円投資」だ。少し節約すれば誰でも捻出できる金額で、「つみたてNISA(ニーサ)」という国が作った税制優遇された制度も利用できる。

・国が商品を厳選しているから安心。

・もうけ分は20年間税金がかからない。

・手数料が安い商品が多い。

・いつでも引き出しOK。

 など、お得な制度なのだ。

 これらのメリットに気づいた人たちがすでに続々と始めていて、つみたてNISAの口座数は昨年度末の時点で518万口座を超えた。

「ここ数年、家計や資産運用の相談にくる人が増えていて、皆さん投資に興味を持っています。特に、3000円投資は30~70代までの幅広い層の人たちが始めています」(横山さん、以下同)

月々3000円を投資信託に積み立てると…

 銀行への預金と3000円投資の差は一目瞭然。銀行に30年預けたとしても悲しすぎるほどお金は増えないが、投資では長く続けるほどもうけが大きくなる可能性が高まる。

 つまり、時間を味方につければ、マイナスにならないこと(元本割れ)※1はもちろん、もうけ分がもうけを生み、貯金がふくらむこと(複利効果)※2が期待できるというわけなのだ。

「お金をゆっくりじっくり育てていくイメージです。昨今のインフレを考慮しても、絶対、やったほうがいいですよ」