大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の源頼朝役が話題を呼んだ大泉洋の兄で函館市役所保健福祉部長の大泉潤氏が、2023年春の北海道函館市長選に出馬することを表明した。7月12日に辞表を提出し、7月31日付けで退職となる。

「大泉潤さんは函館市の役所で働き、直近は保健福祉部長で職員からも市民からも信頼されていました。潤さんは県内での指折の進学校である札幌北高校出身で、現役で早稲田大学に進学。

 潤さんが就職する当時、世間はバブルだったので、大手から引く手あまただったのに函館市役所に入庁しました。地元愛の強さがうかがえます」(政治部記者)

 大学卒業後、現在まで函館市役所で要職を歴任した潤氏。

「函館市長の秘書課長、保健福祉部次長、観光部長、とキャリアを重ねて保健福祉部長となりました。潤さんは、大泉洋さんの兄でも驕ったり鼻にかけたりするようなところはなく、いつでも堅実な印象があります。

 これまでも弟(洋さん)を“売り”にできる場面は多々あったのにもかかわらず、それをしてこなかった。そして今回の出馬表明でも“市長選と弟の芸能活動は別のものです”と、語っていました。

 実際に、大泉洋さんの人気とは関係なく、潤さんを評価している地元民は多いので、弟さんの力を借りなくても当選するのでは」(地元関係者)

 別な地元民も人望の厚さを語る。

2013年にGLAYのライブが函館で開催されたのですが、このライブは当時、観光宣伝課にいた潤さんが影の功労者だったともいわれているんです。メンバーも後から大泉洋さんの兄だと知ったとか

 潤氏の出馬表明にSNSでは驚きの声があがったが、実は「あの人の家族が政治家!?」とびっくりする芸能人は意外と多い。

 まず有名どころでは、“ウィッシュ”でおなじみのタレント、DAIGO。祖父が元内閣総理大臣の竹下登氏(故人)だ。

DAIGO(右)の祖父は元内閣総理大臣の竹下登氏(故人、左)

 また、俳優の小泉孝太郎は、父が元内閣総理大臣小泉純一郎氏、弟が衆議院議員の小泉進次郎氏。タレント宮澤エマは、祖父が元内閣総理大臣の宮澤喜一氏(故人)だ。

小泉孝太郎(中)は、父が元内閣総理大臣小泉純一郎氏(左)、弟が衆議院議員の小泉進次郎(右)

 タレントで気象予報士の石原良純の実家も言わずと知れた政治家一家。父は衆議院議員、東京都知事を務め今年2月に亡くなった石原慎太郎氏。兄が元衆議院議員の石原伸晃氏(2021年秋の衆院選挙で落選)、弟が衆議院議員の石原宏高氏。