いまだ終息が見えない新型コロナウイルス。ドラマが休止になるなど、芸能界もかつてないピンチになっている。そんな中、余計な言動で反感を買うタレントがいる一方で、今まで以上に評価を上げる人も。アンケートで見えてきた、世間の本音とは……!?

 新型コロナウイルス関連の話題がテレビやネットニュースを独占している昨今。迂闊な言動でバッシングの対象になるタレントがいる一方で、評価を上げるタレントたちも。
 
 そこで週刊女性サイト『週刊女性PRIME』などで“好きになった人”“嫌いになった人”のアンケートを実施。コロナ禍によるストレスや政府への不満などがたまっている人も多いだけに、感謝の声から辛辣な意見まで、さまざまなコメントが届いた。

嫌われがちなあの人が
“好きになった人”にランクイン

好きになった人ランキング

 まずは“好きになった人”部門。1位になったのは、3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎でこの世を去った志村けんさん

志村けんさん

「志村さんが亡くなったことがきっかけとなり、日本でも新型コロナと真剣に向き合おうという風潮が一般市民に広がるようになったと思います」(21歳/女性)

「国民的な有名人が亡くなったことによって、それまで自粛に対して意識してなかった若い世代の人たちの気持ちが変わったと思います」(50歳/女性)

 3月の3連休には遊園地『としまえん』などが一部営業を再開するなど収束ムードが漂い、外出をする人が増加。そんな矢先に志村さんが亡くなったことで、世間に感染防止の意識が根づいたのは間違いないだろう。
 
 2位は“ステイホーム”を呼びかけるために自身のインスタグラムで新曲『うちで踊ろう』を公開した星野源。

「『うちで踊ろう』に励まされた人がたくさんいると思います」(32歳/女性)

「明るくなる話題を提供してくれた」(36歳/男性)

 公開直後に「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」と呼びかけたこともあり、アーティストや芸人、安倍晋三首相まで多くの人がコラボ動画をSNSにアップ。社会現象になった。
 
 3位は、SNSで“#吉村寝ろ”というハッシュタグができるほど、大阪府における新型コロナ対応で陣頭指揮をとり続けている吉村洋文知事がランクイン!

「大阪の長として、政治家としてやるべきことをスピーディーにきちんとやっている。説明もわかりやすく、向かうべき方向性をちゃんと示している。政治家の仕事とは何かをきちんと理解している」(68歳/男性)

「吉村知事は、寝る間も惜しんで事態収束に尽力しているのが手に取るようにわかる。口だけの老害議員と違って、責任感と行動力のある近年では珍しい政治家だと思う」(42歳/男性)

 リーダーシップを発揮した仕事ぶりに、40代以上の男性から多くの支持を集めた。
 
 4位には、椎名林檎率いるバンド『東京事変』が2月末にコンサートを強行開催したことを受けて、自身の無観客のイベントを中止に。そのほかのアーティストにも中止を訴えるツイートをしていたYOSHIKIが。

「アメリカから何度もコンサートの中止を呼びかけていたから」(55歳/女性)

「寄付をすることで、いい影響を与えた」(45歳/男性)

 新型コロナウイルスなどを研究する『国立国際医療研究センター』に1000万円を寄付したことを発表すると、浜崎あゆみも、

《お世話になった、大大大先輩であるYOSHIKIさんに賛同し》
 
 と同額を寄付。GLAYなど、多くのアーティストたちが寄付するきっかけを作った。
 
 いつもなら『嫌いなタレント』ランキング上位常連の坂上忍だが、「緊急事態宣言が解除されるまでのギャラを全額寄付する」と宣言したこともあり、5位に入った。

MCを務める『バイキング』など6本のレギュラーを持つ坂上忍

「お昼の番組で、物怖じせず率直な意見を述べていたから」(22歳/女性)

「国民が思っていることを代表してテレビで発言してくれたから」(24歳/女性)

  と、これまではバッシングの理由に挙げられがちだった厳しいコメントを評価する声も多く見られた。