芸能
2021/7/12

大谷翔平「正月に恩師にLINE」地元の評判と、家族に聞いた「狩野舞子のこと」

スポーツ大谷翔平野球熱愛家族狩野舞子
『週刊女性』編集部 週刊女性2021年7月27日号
[写真 1/10枚目] 小学生時代の大谷翔平
[写真 2/10枚目] 小学5年生の大谷はすでに“二刀流”で奮闘。圧巻のピッチング
[写真 3/10枚目] 交際が囁かれる元バレーボール選手の狩野舞子。最近はバラエティー番組でも活躍中(インスタグラムより)
[写真 4/10枚目] 小5のときの大谷選手(中央)。6年生や中学生ら上級生に混じってプレーしていた
[写真 5/10枚目] 小学生時代、自身のホームランボールを持つ笑顔はあどけない
[写真 6/10枚目] 大谷地元にある美容院には幼少期から通っていた。2012年12月、大谷が日ハムに入団後に来店した際の写真。ずっと3分刈りだったため、長めにしてほしいと希望があったそう
[写真 7/10枚目] 「大谷翔平選手ふるさと応援団」現顧問の立花公夫さんによると、2013年1月の町内会に、事前告知なしで日ハムに入団が決まった大谷翔平を呼び、参加者を驚かせたそう。立花さんは普段から「酒と女には気を付けるよう」忠告したところ、本人は笑っていたとか
[写真 8/10枚目] 大谷が大リーグに行った年に、ふるさと応援団も寄せ書きを手にアメリカに上陸。しかし、大谷は肘の故障で欠場中だった
[写真 9/10枚目] 奥州市役所本庁舎1階ロビーには、大谷選手の“握手像”とサインが展示されている
[写真 10/10枚目] 大谷が卒業した姉体小学校。同級生によると勉強もでき、文武両道だった
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking