注目の力士である阿武咲(おうのしょう)関と

 そしてもうひとり、注目力士を挙げるなら、阿武咲。私と同じ21歳(学年はひとつ下)という超新星ですが、実力は折り紙つき。巡業中は、稀勢の里が指名して稽古をつけるなど、上位陣からも目をかけられています。

 先場所直前、高安は阿武松部屋まで出稽古に行き、阿武咲と何番も取っていました。それが実り、高安は大関昇進、阿武咲は10勝5敗という好成績を収める結果となりました! ただ、先場所は新入幕だったため、相手からまだ研究されていませんでした。入幕二場所目となる今場所でも結果を残せたら、その後の躍進は“待ったなし”です♪ 

 阿武咲は“気持ちが伝わってくる相撲”を取ります。ぶちかましていく立ち合いで、相手を翻弄。突き相撲だけでなく、四つ相撲も取れるので、引き出しがたくさんあります。それに、門限アリの厳し〜い阿武松部屋で頑張っていることもあり、応援せずにはいられません! 

 津軽弁がとってもカワイイ阿武咲は、若者らしくツイッターとインスタグラムをやっています。お茶目な姿も公開してくれているので、ぜひ、そちらもチェックしてみてください♪

私の注目力士

高安 晃(大関・田子ノ浦部屋)

相撲の強さに加え、ファンサービスの神対応も魅力です。勝っても負けても同じ態度でファンに接してくれますし、巡業中はニコニコとファンとお話しまでしてくれるんです。大関になったとはいえ、きっとこれからも変わらないはず!

阿武咲 奎也(前頭六枚目・阿武松部屋)

突き押しから一気に土俵際まで攻める力強さが。名古屋の土俵の砂は東京・両国国技館より滑りやすいので、勝ちを急がずに攻め切れるかがポイント。立ち合いではたき込まれたり、土俵際で滑ったりしなければ、結果を残せると思います。


山根千佳(やまね・ちか)'95年、鳥取県生まれ。『37thホリプロタレントスカウトキャラバン2012』を経て、芸能界デビュー。物心ついたときには相撲ファンで、観戦歴は18年以上。『大相撲いぶし銀列伝』(フジテビONE)ほか、相撲関連の解説やレポートを多数担当。『ガッテン!』(NHK総合)準レギュラーなど、バラエティー番組でも活躍中