おかしいのは、すでに11匹も犬を飼っている人に犬が引き取られたことです。坂上さんやCAPINを責めるつもりはありませんが、番組の企画趣旨には違和感を覚えますね。

 臆病な犬が里親に10日間預けられて人馴れするというコーナーがありましたが、そんな短期間では信頼関係は築けません。犬にとっては、ストレスでしかないと思います」

 サンタが坂上家にいた11匹の先住犬と対面したプロセスも、釈然としないという。

普通なら徐々に馴らすのに、いきなり対面させていました。サンタくんが怯えているのがよくわかりましたよ。

 番組を見ている限りでは、サンタくんはリラックスしていませんでした。坂上さんがハンデを持った犬を引き受けようと考えたのは素晴らしいことです。でも、障害を持つ犬を扱うことに関して、番組はもっと慎重に考えていただきたいんです」(Aさん)

 近隣住民は、坂上が犬を連れて散歩する様子をよく目撃している。犬好きだということは知られており、評判は悪くない。

「坂上さんは、あれだけの犬をちゃんと散歩させていてえらいと思うよ。朝5時半には散歩してる。忙しいはずなのにね。挨拶もしっかりしてくれるよ」

散歩中の坂上は地元の人々とも気さくに話す

 一度にすべての犬を連れていくことは難しいので、何度かに分けて散歩しているようだ。

「朝は坂上さんが、夕方は彼女さんが散歩させてますね。サンちゃんがいなくなってからは、早朝や夕方に自転車や車で何度も何度も探していますよ」(同・近隣住民)

 今回の脱走は、坂上のパートナーが散歩している間の出来事だという話も。

「彼女さんが散歩させているときに、首輪が抜けちゃったみたい。サンちゃんはもともと野良犬だから、外が恋しいのかな。でも彼女、必死になって探しているよ。もともと色白なのに、真っ黒になって、自転車で走り回ってるからね」(別の近隣住民)

 坂上も彼女も、気が気ではないのだろう。状況を聞くために、早朝散歩に出てきた坂上を直撃すると、こちらの質問にしっかりと答えてくれた。