「自分の知らない世界ばかりで、原作を読んだときは本当にすべてが衝撃的でした。見たことのない、経験したことのない世界だからこそ、作り物のように感じてしまう感覚が気持ち悪くて“どうにかしてリアルに伝えたい”と思ったんです」

 映画『ギャングース』で主演を務める高杉真宙(まひろ/22)。サイケ(高杉)、カズキ(加藤諒)、タケオ(渡辺大知)は少年院で出会い、窃盗を生業とする3人組。

 しかし、ターゲットにするのは詐欺や密輸など汚い金儲(もう)けをする犯罪者のみという、通称“タタキ”専門。

「乱闘や声を荒らげたりするシーンが多く、今までにない役だったので、やっていてすごく楽しかったです。役のために、髪を切らなかったり、爪を伸ばしっぱなしにしたりと、ビジュアルからも挑戦させていただきました」

 確かに作中ではロン毛や、初めての丸刈り頭も披露しているけど、

「実は“いつか丸刈りにしたい”っていう夢がずっとあって。今回はカツラなので、100%叶ったわけではないんですが、鏡を見て“あ、丸刈りも大丈夫そうだな”ってことがわかったのでよかったです(笑)。

 もし本当にやるなら、角刈りにしてから全部剃(そ)るっていう工程まで考えているんです」

 同級生という設定の加藤と渡辺とは、

実は6歳年齢が違うんです。でも、敬語をやめてからは、グッと距離が縮まって、本当に同い年のような感覚で一緒にいました。

 だからたまに“小学校がかぶっていない”など、年齢差を感じる話題になったときに“あ、そっか! 6歳離れてるんだった!”ってハッとなる瞬間がありました」

 

『ギャングース』
11月23日(祝)全国公開
(C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS
​(C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社