伊礼彼方 撮影/森田晃博

 ミュージカルを中心に、さまざまな舞台で力強い存在感を発揮する伊礼彼方さん。躍進めざましい彼が、名作ミュージカル『レ・ミゼラブル』に初参加。主人公ジャン・バルジャンを執拗(しつよう)に追いつめる警部、ジャベール役に挑戦する。

僕はミュージカルを見て育ってきた人間ではなかったんです。そんな僕が初めて“やってみたい!”と強い憧れを抱いた役、それが『レ・ミゼラブル』のジャベールでした。貧困や差別が根底にある骨太な作品ですし、革命が起こる動乱の時代に、懸命に生き抜こうとする男たちがすごくカッコよく映ったんですよ。なかでも自分の信念に従って突き進むジャベールに惹かれて、年相応になる40歳になったらオーディションを受けたいと思っていました

主人公と表裏一体のコンプレックスが鍵

 目標としていた年齢をまたずしてオーディションに挑戦、37歳という若さでジャベールを演じることになった伊礼さん。彼はこの役を「コンプレックスに満ちた、非常に不幸な人間」だと分析している。

彼があそこまでバルジャンを追い回すのも、コンプレックスのせいでしょうね。バルジャンはいろんな人を受け入れ、どんどん成長していくけれど、宗教と法律に縛りつけられたジャベールは自分を受け入れることさえできない。まるで実現できなかったもうひとりの自分を見ているような感じなんじゃないかな。そこが鍵。そして最後の選択は、彼なりの“解放”だと思っています。まだまだ追究はこれからですけどね。稽古に入る前、僕はお風呂で歌の練習をしていたんですが、製作発表会見で歌の披露をしたときに、いままで感じたことがないジャベールの決意、誓いみたいなものが初めて見えたんです。だから、これから稽古場で見えてくるものを大事にしていきたい」

 伊礼さんの精悍(せいかん)な表情、揺るぎない力を感じさせる歌と演技は、まさにこの役にうってつけだ。

「僕はこの役を、バルジャンの裏側だと思って演じたいと思っています。そうすれば芝居も立体的になりますから。どうしてもやりたくなっちゃうんだけど、自分が前面に出たらイカンぞと(笑)。

 いままでどんな作品でも覚悟を持ってやってきましたが、これはどうしても欲しくて自分でオーディションを受けてつかんだ役だから、これまでのどんな役とも種類の違う高ぶりがあるんです。それが責任として降りかかってきているし、この役をやれることに対しての期待と不安が入り交じっています。いまもしゃべりながらどんどん息が浅くなっていく自分がいて(笑)。興奮しているんですね。やり遂げたときの、まだ自分が知らない達成感への期待値も高く持っていますし。それだけ大きな作品なんだな、と実感しています」