氷川きよし 撮影/廣瀬靖士

 デビュー5周年、10周年、15周年。節目には、必ずそのステージに立ってきた。きよしくんの歌声、汗、そして涙をよく知る場所……日本武道館。20周年記念公演を終え、いま感じていることとは?

有限実行してみせた「43曲」

 7月11&12日、『氷川きよしデビュー20周年記念コンサート~龍翔鳳舞~』がド派手に開催された。怒濤(どとう)の43曲、3時間をゆうに超えるステージ。昼夜3公演に2万4000人が熱狂した。

今までやったショーの中で、いちばん納得してますし、いちばんちゃんと歌えたような気がしています

 武道館公演から10日ほど経過した、とある日。スタジオに姿を見せたきよしくんはすがすがしい笑顔で語ってくれた。

「半年前から“どうしようかな”と考えていたんです。すべてのジャンルをオリジナル曲で、ロックもバラードも演歌も歌謡曲も全部入れたくて。どれも、すべて“氷川きよし”にしたかったんです。

 コンサートツアーで“年の数だけ歌う”と宣言したから、やるしかない。有言実行で。41曲のはずが、しまいにはダブルアンコールも入れて43曲になっちゃいましたけど(笑)

 オープニング曲の『龍翔鳳舞』では、1・8メートルのステージがさらにせり上がり、約7メートルの高さまでに。そのスケール感に観客は度肝を抜かれた。

「登場すると、ものすごいお客さんで。“こんなに待ってくださっている人がいるんだ”と感激でした」

 何を隠そう、高所恐怖症のきよしくん。地方のホテルに泊まるときも“できれば2階にして”とお願いしているほど

「だから、リハーサルのときは“コワイ!”とか言ってたんですが(笑)、本番になったら、やっぱりお客さんがいるから“氷川きよし”にならないといけない。自然とスイッチが入るんでしょうね」