ホラー映画やオカルト番組のロケ地となり、都内有数の心霊スポットとなった「吹上トンネル」。だが、その背景には悲しい真実が隠されていた――。

「幼子の泣き声が聞こえる」
白い和服姿の幽霊が出る」

「東京都内で最恐の心霊スポットのひとつが青梅市にある『吹上トンネル』です」

 そう話すのはオカルトサイトのライター。

「吹上トンネル」とは同市黒沢地区と成木地区を結ぶトンネルのこと。現在使用されているのが1993年より運用開始した「新吹上トンネル」。ほかに2本のトンネルがある。1904年、手掘りレンガ造りの「旧旧吹上トンネル(以下、旧旧)」が最初に造られた。50年後の1953年、昭和トンネルこと「旧吹上トンネル(以下、旧)」が竣工した。

 2021年現在、「旧旧吹上トンネル」は完全閉鎖。「旧吹上トンネル」もトンネル手前に車止めを設置、通行できるのは徒歩と自転車のみ。

 不可解な話があるのは主に古い2本のトンネルだ。

消えかけているがトンネル手前の電柱に『幽霊出る』と書かれている

「特に旧旧がヤバイ。殺人事件の現場になった、という噂です」(前出のライター)

 複数の説があるが、共通するのは昭和30年代。トンネル近くの居酒屋。高齢女性と孫娘や従業員が強盗に襲われた。娘がトンネル内で殺された、というものだ。

「トンネル内に白い和服の被害女性の幽霊が出るようになった、と言われています」

 ほかにも、「幼子の泣き声が聞こえる」「背後から複数の霊に追いかけられる」などオカルト話が絶えない。

 昭和の終わりに日本中を震撼させた『幼女連続誘拐殺人事件』の宮崎勤が潜伏していた、トンネル内で少女を殺害した、遺体を遺棄した、との噂もささやかれていた。

「幼子の泣き声は被害少女の声だ、なんてことを信じている人もいます」

「おばけトンネル」と言われており、複数のオカルト番組で取り上げられ、ホラー映画のロケ地にもなった。芸能人だけでなく、人気ユーチューバーも足を運び、番組にする有名スポットだ。

 そこで真相を調べるべく、周囲から霊感がある、といわれる記者が現場に向かった。

 ではいつから心霊スポットと呼ばれるようになったのか。

 すると周辺住民たちは、「20年くらい前から若者がぞろぞろとやってくるようになった」と口をそろえた。

「古いトンネルが遊び場だったけどそんな話はなかったね」(60代男性)

 地元住民ならおばけを目撃した人も少なくないだろう。

「夢を壊しちゃうかもしれないけど、地元の人でおばけを見た人は1人もいない」(70代女性)

 白い着物の女についても、

「昔、ある番組のロケで白い着物を着た人形をトンネル内につっていた。その話がひとり歩きしているのではないでしょうか」(前出のライター)

 宮崎勤の事件について、怪談師の吉田悠軌さんが指摘。

「事実ではありません。本当の現場は別。事件当時、吹上トンネルは噂にもなりませんでした。それがなぜ、今ごろ噂として広がっているのか。不思議です」

 と首をかしげる。さらに、

「旧旧は確かにいろいろな噂がありました。ですが、旧は生活道路。地元の人も普通に行き来しますし……」

 取材を続けると、旧旧周辺の土地を借りているAさん(70代・仮名)という男性にたどり着いた。

「事件があったのは本当です。でも、おばけは出ませんよ」

 そう言ってトンネルの真相を語り始めた。