今回のターゲット:平子理沙
「50歳になった平子理沙の顔を美容のプロがジャッジ」

回答者:美容整形外科『高須クリニック』 入谷英里医師

ナチュラルな印象に

イム子:美容整形外科医なら気になると思われる平子理沙さんですが、ズバリ、最近の平子さんの顔のコンディションをどう思われますか?

入谷先生:相変わらずズバリ来ますね~(笑)。今まではバランス的に頬が高すぎるのと目立ちすぎなリップラインが気になっていましたが、ナチュラルになられた印象です。20代のころの平子さんに近づいてきたかも!

平子理沙(2009年・38歳、2015年・44歳、2021年・50歳※インスタグラムより)
【写真】20代から50歳の現在まで、平子理沙の顔の変遷

イム子:確かに、もしかするとシワなどは増えているのかもしれませんが、印象が自然で若々しく見えますよね。

入谷先生年を取ると誰でもシミやシワが増え、骨が萎縮することでたるみが出てきます。そこで「ヒアルロン酸注入」に頼ってパンパンなお顔になってしまうよりも、例えば「ミニリフト」や糸を使う「イタリアンリフト」などでベースを引き上げて、足りない箇所は適量のヒアルロン酸注入などでケアするくらいが、いちばんいい対策かなと私は思います。

イム子:なるほど。ベースをしっかり作り、足りない部分を補う。これくらいの方法がいいんですね。私も30代後半からは輪郭がぼやけた感じが気になっています……。

入谷先生:そういうときは硬めのヒアルロン酸で輪郭を作ると、シャープな印象で、年齢の出やすい横顔がきれいになる場合もありますよ。