古びた一軒家は真っ黒な煙をもうもうと吐き出していた。

「隣人から“火事だよ!”と声をかけられ玄関前に飛び出したら、あの家からものすごい勢いで火が吹き出して、熱くて近づけないんですよ。すぐに119番通報して数分後には消防車が駆けつけてくれたけれども、手の出しようがなかったから消防車を待つ時間がとても長く感じました」

 と通報した70代男性は話す。

 埼玉県草加市の閑静な住宅街の一角で火災が発生したと119番通報があったのは6月4日午後5時36分ごろのことだった。木造瓦・スレート葺き2階建て住宅でひとり暮らしするA子さん(80)宅が火に包まれ、同8時31分に鎮火するも全焼した。出火原因はわかっていない。

 県警によると、焼失面積や延焼については調査中。世帯主のA子さんとは連絡が取れず安否を確認できていない。

 捜査関係者は、

「焼け跡から女性の遺体1体が見つかっています」

 と話すのみで遺体の身元の特定を急いでいる。

 近隣住民は、

「遺体の身元確認に時間がかかっているようだが、A子さん以外に考えられない。旅行にいくといった話などは聞いていないし、足腰が悪かったから逃げ遅れたのではないか」

 と安否を気遣う。

 全焼したA子さん宅に近づくと、焦げたにおいが鼻をつく。2階建て住宅の2階部分はほとんど焼け落ち、1階の炭化した柱が火災の激しさをうかがわせた。あったはずの壁がなくなり向こうの通りが見渡せる。

 住宅の脇や玄関前には炭になったガレキの山。遺体捜索などのために取り除いたものとみられ、焼け残った布団の切れ端などがわずかに原型を残す程度だった。

火災現場には「二階の屋根 頭上注意」と書いた張り紙が残り、捜索の困難さがうかがえた

 消防隊が燃え盛る火と格闘する中、それを見守るしかなかった近隣住民らは、

「中に人がいるはずだ」

「留守でなければ高齢の女性がいる」

 などと姿の見えないA子さんを心配し続けたが、飛び込んで救出できるレベルの燃え方ではなかったという。

「雨風の強い日で、風にあおられた火が周辺宅にも襲いかかったんです。雨は消火の役に立ちませんでした」

 と近所の主婦。

 周辺宅には、壁が焼けたり、ひさしが熱で溶けた跡などがあった。熱や消火活動でダメになったのか、隣宅の庭先には全自動洗濯機などの家財道具が置かれていた。熱波は少し離れた住宅の草花まで届いたようで、新緑の季節というのに葉の一部が黄色く変色してしまったという。