編集部が女性500人に行った調査では、9割以上が何らかのオジサンの行動で不満を抱えていた! 女性たちの怒りの声とともに、オジサンの行動の謎を解き明かす!

 コロナ禍で厚生労働省が「咳エチケット」という言葉を広めようと躍起になっているなか、その言葉がまったく届いていない生き物もまた多く存在している。今回はそんな「マイクロ飛沫オジサン」ともいうべき男性に対する、女性たちの嘆きの声を取り上げていきたい。

咳やくしゃみをするときに口元を押さえないオジサンが多い。混雑した電車内だと逃げ場もなく、本当に不快」(40歳・女性・会社員)

「夫のくしゃみの音が大きすぎてビクッとなる。手で覆ったりしないので汚いし、飼っているネコも驚いて逃げる」(42歳・女性・専業主婦)

「くしゃみをしそうになると急いでマスクをはずしている人がいた。マスクの内側が汚れるのが嫌なのだと思うが、正直、意味がわからない」(46歳・女性・会社員)

マスクをずらして大声で話している

 女性500人への『不快な行動アンケート』で、歩きタバコ・痰・唾の次に多かったのが、咳やくしゃみにまつわる迷惑行為。飛沫感染という言葉が浸透した今だからこそ、目に見えない飛沫に不安を覚える人も増えているのだろう。関連して、次のような非難の声も上がっている。

「電車内でマスクをずらして大声で話している。迷惑だし声がデカくてうるさい」(58歳・女性・専業主婦)

「電車内での仕事の電話。さすがに小声でという意識があるのかもしれないが、相手が聞き取りづらくないようにわざわざマスクをはずして通話しているので、本末転倒」(48歳・女性・会社員)

「マスクで息苦しいのか、フシューフシューという口呼吸の音がやたら大きい人がいて気持ち悪い」(40歳・女性・自営業)

イラスト/沼田光太郎

「わざわざ声を出しながら大あくびをしている。なんのアピールなのかわからない」(52歳・女性・専業主婦)

●Komatta-OJISAN図鑑
くしゃみ爆発オジサン

生態

「ハッ…ハッ…」という身震いが爆発の合図。ハンカチでガードしないから、マイクロ飛沫どころか、目に見える飛沫も出しまくるよ!