「うん間違いないっ!」「どんだけ自己中」……これってなんだかわかります? 実は、高級食パン専門店。その仕掛け人が日本で唯一のベーカリープロデューサー、岸本拓也さん。ユニークな店名を体現したような奇抜なルックスにまどわされてはいけない。地産地消の食材を中心に作られるパンも、その志も大まじめ。ガレキの残る被災地で、高齢化が進む過疎の町で、パンを通じて人々をつなぐ岸本さんの思いに迫ります!

やけに気になる奇妙な看板

 最近、街を歩いていて、こんな奇妙な看板に遭遇したことはないだろうか?

 筆者が東京・練馬の西武池袋線練馬駅のロータリーのそばで目撃したのは、

『うん間違いないっ!』

 オレンジがかった黄色の地色に、明朝体の黒い文字がやけに目立つ。

 何なんだ、これは? 確かここは小さな地元の不動産屋があった場所だ。いつの間にか店が変わった気がしていたのだが……。おそるおそる近づいてみると、どうやらパン屋であるらしい。こちらに気づいた店先の女性が、「いらっしゃいませ」と笑顔で声をかけてきた。

 聞くと、食パンの種類は4種。プレーンなタイプの『Oh!間違いない』のほか、レーズン入りやチーズ入り、抹茶風味もある。

 プレーンの食パンを購入すると、2斤サイズで1つ870円。食パンとしては高級だが、驚くほど高いわけでもない。

 パンは黄色い紙袋に入れて手渡された。真っ赤なスーツを着たドレッドヘアの男が両手を広げるイラスト入りだ。持つと、お、重い。ずっしり。

 この奇妙な看板の店は、今、全国に増殖している。その数はざっと300以上ある。

 主な店名を挙げてみよう。

『考えた人すごいわ』(東京都、宮城県ほか)
『どんだけ自己中』(東京都、山梨県ほか)
『おい!なんだこれは!』(新潟県ほか)
『わたし入籍します』(大阪府、兵庫県)
『偉大なる発明』(鹿児島、熊本県ほか)
『午後の食パン これ半端ないって!』(神奈川県)
『もう言葉がでません』(鳥取県、島根県)
『すでに富士山超えてます』(静岡県)
『あの人はナルシスト』(北海道)
『告白はママから』(東京都)
『不思議なじいさん』(富山県)

 もうキリがないほどだ。

岸本拓也さんがプロデュースしたパン屋さん

 パンの食感はもちもち。甘みがあって、焼かないでそのまま食べてもおいしい。「お土産にもらったらうれしいだろうな」と素直に思う。

 これらの全国に点在する「パン屋さん」は、同じ人物がプロデュースしたものである。いまや「ベーカリープロデューサー」として多くのメディアに引っ張りダコの岸本拓也さん(46)だ。