つまようじに溝がある理由

【Q】つまようじの持ち手にある溝ってなんのためにあるの?

【A】つまようじをこけしに見立てて、焦げを隠すため。

つまようじは世界各国に存在するが、日本ではクロモジの木で作られることが多かったため、黒文字と呼ぶこともある(※画像はイメージです)
【写真】誰かに教えたくなる「つまようじ」のトリビア

 私たちが普段何げなく使っているつまようじだが、よく見ると、手に持つ側の頭の部分が黒くなっていて、その下に溝がある。実はこれ、作る過程でどうしてもできてしまう「焦げ」をごまかそうとしているのだという。

 つまようじ専門メーカーである広栄社のつまようじ資料室管理人の稲葉修さんに詳しい話を教えてもらった。

「昔は1本の木の棒の両端を細く削り、真ん中を鋸(のこぎり)で切り落として2本のつまようじを作っていました。しかし、切った部分がささくれ立ってしまうので、代わりに薄い砥石(といし)の円盤を高速回転させて切ることに。ただ、そうすると切り口が摩擦熱で黒く焦げてしまいました。そこで、なんとかうまく処理できないかと考えて、黒く焦げた頭の部分をこけしの頭に見立てて、つまようじをこけしのように見せることにしたのです

 あの溝は、こけしのくびれを模しているのだ。ちなみに、こけしに見立てようと思いついたのは、焦げ問題をどうにかしなければと、つまようじ会社の経営者たちが集まって緊急会議を開いた際に、その部屋にたまたまこけしがあったかららしい。

 ところで、つまようじには、形や素材など多種多様な種類がある。

「実は、世界では、軸は丸ではなく三角のほうが主流です。また、ヤマアラシの毛やバラの棘(とげ)、水鳥の羽根などさまざまな素材が利用されてきました。日本でも、マグロの尾びれでできたものを漁師が使っていたこともありました」(稲葉さん)